atrun(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

atrun

前のページ 上に戻る 次のページ

atrun




解説

     atrun コマンドは at(1) でキューに入れたジョブを実行するコマンドです。

     atrun(8) が 5 分毎に起動されるようにするために、 root の crontab(5) ファ
     イル /etc/crontab に、

     */5     *       *       *       *       root    /usr/libexec/atrun

     という設定を含めておく必要があります。

     呼び出しが起きるたびに atrun は、小文字のキューの中のジョブのうち、実行開
     始時間を過ぎたものすべてを開始します。さらに、直前の 1 分間の負荷平均値
     (load avarage) が指定した限界値より小さい場合、優先順位が最も高いバッチ
     ジョブ (大文字のキューで表されます) ひとつを開始します。


オプション

     -l load_avg
             負荷の上限を指定します。負荷がこの上限を越えている場合、バッチ
             ジョブは実行されません。組み込みのデフォルトの値は 1.5 です。

     -d      デバッグ用。 syslog(3) を使う代わりに標準エラー出力にエラーメッセ
             ージを表示します。


警告

     atrun を動かすためには cron(8) デーモンを起動しておく必要があります。


関連ファイル

     /var/at/spool  出力ファイルを保管しておくディレクトリ
     /var/at/jobs   ジョブファイルを保管しておくディレクトリ


関連項目

     at(1), crontab(1), syslog(3), crontab(5), cron(8)


バグ

     atrun の機能は cron(8) に統合されるべきです。

FreeBSD 4.4                     April 12, 1995                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス