arp(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

arp

前のページ 上に戻る 次のページ

arp


     arp [-n] -a
     arp -d hostname [proxy]
     arp -d -a
     arp -s hostname ether_addr [temp] [pub]
     arp -S hostname ether_addr [temp] [pub]
     arp -f filename


解説

     arp プログラムはアドレス解決プロトコル (arp(4)) で使われる、インターネッ
     トからイーサネットへのアドレス変換テーブルの表示と変更をします。フラグな
     しの場合、プログラムは hostname に対する現在の ARP エントリを表示します。
     ホストは名前か、インターネットドット表記の数字で指定します。

     有効なオプション:

     -a      プログラムは現在の ARP エントリを全て表示もしくは消去します。

     -d      スーパユーザならば -d を指定して hostname に対応したホストのエン
             トリを消去することができます。公表された ARP エントリを消去する場
             合には、 proxy キーワードが必要となる場合があります。 -a フラグと
             組み合わせて全エントリを消去することができます。

     -n      ネットワークアドレスを数値で表示します (通常 arp はアドレスをシン
             ボルで表示しようとします)。

     -s hostname ether_addr
             hostname に対するホストについての ARP エントリを、イーサネットア
             ドレス ether_addr で作成します。イーサネットアドレスはコロンで区
             切った六つの 16 進バイトで表現します。このエントリは、語 temp が
             コマンド中にない限り永久的なものになります。語 pub があれば、エン
             トリは ``公表'' されます; すなわち、このシステムが ARP サーバとし
             て動作することになり、 hostname を問い合わせる要求に対して、その
             ホストのアドレスが自分自身でなくても、返答することになります。こ
             のケース (訳注: pub を指定して ARP サーバとして動作させる場合) で
             は ether_addrauto として与えることができます。この様に指定し
             た場合、自ホストのインターフェースを調べ、そのうちの 1 つが指定し
             たホストと同じサブネットに属していれば、そのインターフェースのイ
             ーサネットアドレスが使用されることになります。

     -S hostname ether_addr
             このホストに関する、すでにある ARP エントリが最初に削除されること
             を除いて、 -s と同様です。

     -f      ファイル filename を読み込んで、複数のエントリを ARP テーブルに設
             定します。ファイル中のエントリは

                   hostname ether_addr [temp] [pub]

             の形式になります。ここで引数の意味は上で与えられた通りです。


関連項目

     inet(3), arp(4), ifconfig(8)

ABELNET VPSサービス