amq(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

amq

前のページ 上に戻る 次のページ

amq


         [-D debug_options] [-M mountmap_entry] [-P program_number]
         [directory ...]


解説

     amq は、現在の amd(8) の動作状況を知るための簡単な手段を提供します。 amd
     との通信は RPC によって行われます。現在のプロトコルでは、 3 つのモードが
     サポートされています。デフォルトでは、マウントポイントと自動マウントされ
     たファイルシステムのリストが出力されます。別のホストの状態を知るときは、
     -h オプションで hostname を指定します。

     ディレクトリ名が与えられると、デフォルトの出力ではファイルシステムごとの
     情報が表示されます。


オプション

     -f    自動マウントシステムに内部キャッシュを破棄するように要求します。

     -h hostname
           hostname で指定されたホストに問い合わせを行います。デフォルトでは、
           ローカルホストが使われます。 HP-UX クラスタでは、デフォルトでルート
           サーバに問い合わせが行われます。これは通常、自動マウントシステムが
           ルートサーバで動いているからです。

     -l log_file
           amd に対し、 log_file をログファイル名として使用するように指示しま
           す。セキュリティのために、これは amd が起動したときと同じログファイ
           ルである必要があります。それゆえ本オプションが有効なのは、日々の
           cron ジョブによってログファイルがローテートおよび圧縮するために、
           amd のファイルハンドルをリフレッシュするときに限られます。

     -m    マウントされたファイルシステムのリストを、各ファイルシステムへの参
           照回数とマウント時に起きたエラーを含めて表示するように、自動マウン
           トシステムに要求します。

     -p    リモートもしくはローカルに実行されている amd のプロセス ID を返しま
           す。ローカルの amd プロセスにシグナルを送る必要があるときに便利であ
           り、プロセステーブルを探さなくて済みます。本オプションは ctl-amd ス
           クリプトの中で使用されています。

     -s    自動マウントシステムに、システムの統計情報を表示するように要求しま
           す。

     -u    情報を表示する代わりに、指定したファイルシステムをアンマウントする
           よう自動マウントシステムに要求します。この要求によって、必ずアンマ
           ウントが実行されるわけではありません。単にそのファイルシステムのマ
           ウントが、タイムアウトするにすぎません。タイムアウトは amd のメイン
           スケジューラに検出され、結果として普通にタイムアウトしたときと同じ
           ことが行われます。

     -v    自動マウントシステムに、バージョン情報を提供するように要求します。
           これは、 amd-v オプションで得られる情報の一部です。

     -x log_options
     -P program_number
           別の RPC プログラム番号 program_number で登録している amd に接続
           し、その自動マウンタのインスタンスに対して他のすべての操作を適用し
           ます。複数コピーの amd を実行していて、それぞれを別個に管理する必要
           があるときに有用です。指定しない場合には、 amqamd のデフォルト
           のプログラム番号 300019 を使用します。セキュリティのため、 amd が使
           用可能な別のプログラム番号は 300019 から 300029 まで (両端含む) に
           限定されています。

     -T    amd に対して TCP でのみ通信しようとします。通常 amq は TCP を使用し
           ようとし、失敗すると UDP を使用しようとします。

     -U    amd に対して UDP (コネクションレス) でのみ通信しようとします。通常
           amq は TCP を使用しようとし、失敗すると UDP を使用しようとします。


関連ファイル

     amq.x  RPCのプロトコル記述


警告

     amq は、Sunが登録しているRPCプログラム番号(十進数で300019)を使っていま
     す。これは通常、 /etc/rpc には含まれていません。


関連項目

     amd.conf(5), amd(8)


作者

     Jan-Simon Pendry <jsp@doc.ic.ac.uk>, Department of Computing, Imperial
     College, London, UK.

     Erez Zadok <ezk@cs.columbia.edu>, Department of Computer Science,
     Columbia University, New York, USA.

     am-utils の、他の作者および貢献者は、 am-utils とともに配布されている
     AUTHORS ファイルに記述されています。


歴史

     amq は、はじめに 4.4BSD で導入されました。

FreeBSD 4.4                     March 16, 1991                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス