adduser(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

adduser

前のページ 上に戻る 次のページ

adduser


     [-dotdir dotdir] [-group login_group] [-h | -help] [-home home]
     [-message message_file] [-noconfig] [-shell shell]
     [-s | -silent | -q | -quiet] [-uid uid_start] [-v | -verbose]


解説

     adduser は新しいユーザを加えるための簡単なプログラムです。 adduser はパス
     ワード, グループ, シェル等のデータベースをチェックし、 passwd/group の登
     録を行い、 HOME ディレクトリとドットファイルを作成し、新しいユーザに歓迎
     メッセージを送ります。


制限事項

     username
             ログイン名です。英小文字と数字のみ使用可能です。長さは 16 文字ま
             でです ( setlogin(2) のバグの章を参照してください)。この制限の理
             由は、 ``歴史的な'' 物です。美的な理由からこの制限を破りたいとす
             る人々はいつもいましたが、 UNIX における基本的なパラメータを変更
             するほどの重要な理由ではありませんでした。 /usr/include/utmp.h
             ファイル内の UT_NAMESIZE パラメータを変更し、全てを再コンパイルす
             ることで、変更できますが、コンパイル済みのプログラムや名前の 8 文
             字制限を前提としたソースコード、そして NIS については、問題が起こ
             るでしょう。 NIS のプロトコルは、ユーザ名を 8 文字と定めていま
             す。電子メールアドレスとして、もっと長いログイン名を必要とする場
             合には、別名を /etc/mail/aliases ファイルに定義することができま
             す。
     fullname
             名と姓です。 `:' (コロン) は、使えません。
     shell   シェルデータベースに定義されている有効なシェル、もしくは、sliplo-
             gin と pppd だけが有効です。
     uid     自動生成されますが、自分で指定することもできます。ただし、32000
             よりも小さい数字でなければなりません。
     gid/login group
             あなたが指定したものです。さもなければ、自動的に生成されます。
     password
             定義した時には、パスワードは crypt(3) を利用して暗号化されます。


一意なグループ

     ひょっとして、あなたは、この方法ではできても他のほとんどの方法ではうまく
     行かないことがあるのを見逃しているかもしれません。個々のユーザをそのユー
     ザ独自のグループに入れることで、 umask を 002 としておいても安全になり、
     ホームディレクトリにファイルを作っても、他の人にファイルを読まれる心配が
     なくなります。

     共有場所を作るためには、 (freefall における cvs や ncvs のように) uid/gid
     を別に設けて、ユーザを個別にその新しいグループに入れることで、その場所へ
     のアクセスを可能とすべきです。

     この uid/gid の管理モデルは、たくさんのユーザをグループにまとめるより柔軟
     性があり、共有場所で仕事をする時に umask をいじり回さずにすみます。

     この方法をほぼ 10 年間使っていますが、ほとんどの場合に使えることがわか
     り、じゃまになったことはありませんでした。 (Rod Grimes)

     -config_create
             新しい設定を設定ファイルに書込み、メッセージファイルを作成して、
             終了します。

     -dotdir directory
             ファイルを directory から、新しいユーザの HOME ディレクトリへコピ
             ーします。 `dot.foo' というファイルは、 `.foo' という名前に変更さ
             れます。 directory として no が指定された場合には、コピーを行いま
             せん。セキュリティ的な理由から全てのファイルは所有者に対して読み
             書き可能となり、グループや他の人達に対しては書込み可能にはなりま
             せん。また、以下のファイルは、所有者に対してのみ読み書き実行可能
             となります。 .rhost, .Xauthority, .kermrc, .netrc, Mail, prv,
             iscreen, term

     -group login_group
             ログイングループの指定です。 USER はユーザ名がログイングループと
             して使用されることを意味します。

     -help, -h, -?
             オプションの要約を表示して、終了します。

     -home partition
             全てのユーザがホームディレクトリを持つデフォルトのディレクトリ
             (home partition) を指定します。

     -message file
             新しいユーザに file の歓迎メッセージを送ります。 fileno で
             あった時にはメッセージは送りません。

     -noconfig
             デフォルトの設定ファイルを読みません。

     -shell shell
             新しいユーザに対するデフォルトのシェルを指定します。

     -silent, -s, -quiet, -q
             警告や質問、バグの報告を少ししか行いません。

     -uid uid
             ユーザ id を uid かそれ以上にします。

     -verbose, -v
             警告と質問をたくさん行います。初心者ユーザにはおすすめです。


フォーマット

     `#' はコメントです。
     B>設B>定B>フB>ァB>イB>ル
             adduser はこのファイルを読み書きします。より詳しくは、
             /etc/adduser.conf を見てください。
     B>メB>ッB>セB>ーB>ジB>フB>ァB>イB>ル
             このファイル内では変数は評価されます。より詳しくは、
             /etc/adduser.message を見てください。

     rmuser(8), vipw(8)


歴史

     adduser コマンドは FreeBSD 2.1 から導入されました.

FreeBSD 4.4                     January 9, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス