adding_user(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

adding_user

前のページ 上に戻る 次のページ

adding_user


     /etc/passwd/etc/mail/aliases に登録されているものであってはいけませ
     ん。また、ハイフン `-' 文字で始まるものも使えません。メーラを混乱させない
     ためにも、全ての文字は英小文字でドット `.' 文字を含まないことが、強く推奨
     されています。アカウントは、パスワードファイルを一行編集することで加える
     ことができます。これを行う時は、パスワードファイルはロックされていなけれ
     ばなりません。このロックは、 chpass(1)vipw(8) を使うことで可能です。

     新規ユーザには、グループとユーザ id を与えます。ログイン名とユーザ id
     は、システム全体やしばしばシステムグループで一意でなければなりません。こ
     れは、ファイルのアクセスを制御するために使われるからです。典型的には、似
     たようなプロジェクトで働いているユーザは同じグループに入ります。 Univer-
     sity of California の Berkley 校では、システムスタッフ・学部・大学院・大
     きなプロジェクトのための特別なプロジェクトのグループがあります。

     新規ユーザ ``ernie'' のための骨格となるアカウントは、以下のようになりま
     す。

     ernie::25:30::0:0:Ernie Kovacs,508 Evans Hall,x7925,
             642-8202:/a/users/ernie:/bin/csh

     個々のフィールドの解説は、 passwd(5) を参照してください。

     新規ユーザに始めるにあたっていくつかの助けを与えることは良いことです。こ
     のために、いくつかの骨格となるファイルを与えてあげれます。 /bin/sh ユーザ
     には、 .profile を、 /bin/csh ユーザには、 .cshrc.login を与えれば良
     いでしょう。 /usr/share/skel ディレクトリに、そのようなファイルの骨格の定
     義を置いておけます。新規ユーザは、これらのファイルの複製を与えられます。
     ここで、例えば tset(1) をログインする度に自動的に実行するように設定できま
     す。


関連ファイル

     /etc/master.passwd    ユーザデータベース
     /usr/share/skel       ログインディレクトリのための骨格データ


関連項目

     chpass(1), finger(1), passwd(1), aliases(5), passwd(5), adduser(8),
     pwd_mkdb(8), vipw(8)


バグ

     ユーザ情報は (段々とそうなってきていますが)、別のところに記憶するべきで
     す。


歴史

     adding_user 手続きは 3.0BSD から導入されました.

FreeBSD 4.4                      June 5, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス