IPXrouted(8) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

IPXrouted

前のページ 上に戻る 次のページ

IPXrouted




解説

     IPXrouted は IPX 経路テーブルを扱うために、ブート時に起動されます。 IPX
     経路デーモンは、カーネルの経路テーブルエントリを最新に保つために Novell
     の IPX Routing Information Protocol を用います。

     使用可能なオプション:

     -N       GetNearestServer SAP 要求に対して応答しません。

     -q       (下記の -s オプションとは反対に) 経路情報を提供しません。

     -s       ネットワークをつなぐルータであるないにかかわらず、 IPXrouted が
              強制的に経路情報を提供するようにします。

     -S       Service Advertizing Protocol (SAP) 情報を提供しません。デフォル
              トでは SAP 情報を提供します。

     -t       送信・受信されたすべてのパケットを標準出力に表示します。加えて、
              IPXrouted は制御端末から切り離されないので、キーボードからの割り
              込みはプロセスを kill することになります。

     logfile  IPXrouted の行動が記録されるファイル名を指定します。このログに
              は、経路テーブルのすべての変更についての情報や、経路の変更に関わ
              る最近の送受信メッセージの履歴が記録されます。

     通常、 IPXrouted は経路情報パケットを listen します。ホストが複数の IPX
     ネットワークに接続されている場合には、直接接続されているホストやネットワ
     ークすべてに経路テーブルのコピーを定期的に提供します。

     IPXrouted が起動されると、 SIOCGIFCONF ioctl(2) を用いて、システムに組み
     込まれ、 ``up'' となっているインタフェースを探します (ソフトウェアループ
     バックインタフェースは無視されます)。インタフェースが複数ある場合には、そ
     のホストがネットワーク間でパケットを転送するとみなします。そして
     IPXrouted は各インタフェースに リクエストパケットを送信し(インタフェース
     がサポートしていればブロードキャストパケットを用います)、他のホストから
     リクエストと レスポンスのパケットが来るのを listen し続けます。

     リクエストパケットを受け取ると、内部のテーブルに基づく情報から返答パケッ
     トを作成します。作成された レスポンスパケットは既知の経路の一覧を含み、各
     々は ``hop count'' metric を持っています(16 以上の count は ``無限大'' (
     到達不可能) を示します)。返答された各々の経路に関する metric は、送信元か
     らの 相対的な metric を提供します。

     以下の条件を一つでも満たす場合、 IPXrouted が受け取った レスポンスパケッ
     トは経路テーブルの更新に使われます:

     o   宛先となるネットワークやホストへの経路テーブルエントリが存在せず、
         metric が宛先が到達可能であるとしている (hop count が無限大でない)と
         き。

     o   パケットの送信元ホストが、保持している経路テーブルエントリ内のルータ

     IPXrouted は入ってくるパケットを処理するだけではなく、経路テーブルエント
     リを定期的にチェックします。エントリが 3 分間更新されなかった場合、エント
     リの metric は無限大に設定され、削除予定の印がつけられます。実際の削除
     は、エントリの無効化が他のルータに伝わるのを確実にするために、さらに 60
     秒後に行われます。

     ネットワークをつなぐルータとなっているホストは、 30 秒ごとに直接つながっ
     たすべてのホストとネットワークに自分の経路テーブルを提供します。

     IPXrouted が SIGINFO シグナルを受け取った場合、RIP と SAP テーブルの現在
     の内容がファイル /var/log/ipxrouted.dmp に追加されます。


関連項目

     ipx(3)


歴史

FreeBSD 4.4                    October 11, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス