term(7) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

term

前のページ 上に戻る 次のページ

term



解説

       環 境 変数 TERM は通常、あなたが使用中の端末・コンソール・
       ディスプレイデバイスのいずれかのタイプ名を含むはずです。こ
       の情報は、エディタやメーラを含む、画面指向プログラムには非
       常に重要です。

       デフォルトの TERM の値は、 /etc/inittab (Linux や System V
       系 の UNIX) または /etc/ttys (BSD UNIX) を使って、各回線毎
       に設定されます。ワークステーションやマイクロコンピュータに
       ついては、ほとんどの場合これで十分です。

       ダイヤルアップ回線を使用する場合には、回線に接続されるデバ
       イスのタイプには色々なものがありえます。古めの UNIX システ
       ムでは、ダイヤルアップ回線に `dumb' や `dialup' というよう
       な正にダム端末タイプをあらかじめ設定します。新しめの  UNIX
       シ ステムでは、 DEC VT100 互換の端末やパーソナルコンピュー
       タでのエミュレータの普及を反映して、 `vt100' に設定する か
       もしれません。

       近年の telnet は、ローカル側の TERM 環境変数をリモート側に
       渡します。あなたの端末タイプについて、リモートの  terminfo
       エ ントリや termcap エントリの互換性が無い場合は問題が発生
       し得ますが、このような状況は稀であり、明示的に `vt100'  を
       エクスポートすることによりほぼ常に問題が避けられるでしょう
       (実際に VT100 上位互換のコンソール・端末・端末エミュレータ
       を使用していることを仮定しています)。

       ど の ような場合でも、シェルプロファイルを使用することによ
       り、システムの TERM 設定を無視して好きなように設定すること
       が できます。 tset(1) ユーティリティが助けとなることもあり
       ます。該当する tty デバイスとボーレートを基にして端末タ イ
       プを推定したり要求したりするためのルールセットをこのコマン
       ドへ与えることができます。

       回線に対するシステムのデフォルトタイプを無視したくなるよう
       な、 (可視ベルや反転のような) オプションを組み込んだカスタ
       ムエントリを持っている場合には、独自の TERM の値を設定する
       というのもよいでしょう。

       端末タイプの記述は、 /usr/share/misc/terminfo の下に、ケー
       パビリティデータのファイルとして格納されています。システム
       が認識する全端末名を閲覧するには、シェルから

            toe | more

       としてください。これらのケーパビリティファイルは、取り出し
       速度の向上のために (置き換えられた、古いテキストベー ス の
       termcap とは異なって) バイナリフォーマットとなっています。
       エントリを調べるにはB>Ainfocmp(1) コマンドを使う必要があ り
       ます。これは次のように起動します:

            infocmp entry-name

       初と最後のものの間にある名称フィールドは (もしあれば)、 端
       末の別名であり、通常は、互換性のために保持されている歴史的
       な名前です。

       端末の第一名称の選択には、第一名称を情報があって固有なもの
       にするのに役立つような約束事があります。以下に、端末命名の
       ための段階的なガイドを示し、また、端末名称をどのように解釈
       するのかも示します:

       最 初に、ルート名称を選びます。ルート名称は、 1 個の小文字
       に、最大 7 文字までの小文字または数字が続きます。区切り 文
       字 は ルート名称に使うことを避けなければなりません。なぜな
       ら、これらはファイル名として使われたり解釈されるからです。
       ま た、シェルのメタ文字 (!, $, *, ? 等) がそれらに含まれる
       と、奇妙で分り難い挙動を引き起こすかもしれないからです。ス
       ラッ シュ (/) や、ファイルシステムが解釈する可能性のある他
       の文字 (\, $, [, ]) は特に危険です (terminfo は プ ラッ ト
       フォームに依存しません。特殊文字を含む名前を選ぶと、将来移
       植されたシステム上のユーザが苦労することになるかもしれませ
       ん)。 ドッ ト  (.) 文字は、ルート名称に 1 個までである限り
       は、比較的安全です。歴史的な terminfo 名称には、ドットを使
       用しているものがあります。

       ほぼ常に、端末やワークステーションコンソールタイプのルート
       名称は、ベンダの接頭辞 (Hewlett-Packard では hp、 Wyse  で
       は  wy、AT&T 端末では att 等) が付くか、端末回線の共通名称
       (DEC の VT シリーズ端末では vt、 Sun Microsystems のワーク
       ス テーションコンソールでは sun、 ADDS Regent シリーズでは
       regent) であるべきです。 terminfo ツリーを列挙すれば、どの
       接頭辞が既に一般的に使用されているかが分かります。ルート名
       称の接頭辞には、適切な場合にはモデル番号が 続 き、  vt100,
       hp2621, wy50 となります。

       PC-Unix  コンソールタイプのルート名称は、OS 名称、すなわち
       linux, bsdos, freebsd, netbsd であるべきです。決して  con-
       sole   や その他の総称的なものであってはなりません。なぜな
       ら、マルチプラットフォーム環境では混乱の原因となるか ら で
       す!   モデル番号が続く場合、 OS のリリースレベルかコンソー
       ルドライバのリリースレベルを示すべきです。

       端末エミュレータ (ANSI 標準か vt100 タイプのどれにも適合し
       ていないとみなされる場合には) のルート名称は、プログラム名
       称か、容易に認識可能な省略名称であるべきです ( す な わ ち
       versaterm, ctrm)。

       ルート名称に続き、ハイフンで区切った適当な数の機能を表す接
       尾辞を追加することが可能です。

       2p   メモリを 2 ページ持ちます。同様に 4p, 8p 等。

       mc   マジッククッキー。端末によっては (特に古い Wyse)、 バ
            グか故障のために (lossage) 複数属性をサポートするとき

       -nam 自動マージン無し - am ケーパビリティを抑制します

       -nl  ラベル無し - ソフトラベルを抑制します

       -nsl 状態行無し - 状態行を抑制します

       -pp  使用できるプリンタポートがあります

       -rv  反転モードの端末 (白地に黒)

       -s   状態行の有効化

       -vb  ビープではなく可視ベル (フラッシュ) を使用

       -w   幅広; 端末は 132 桁モード

       伝統的には、端末タイプが行数を指定することを目的とした変形
       タイプである場合、行数のサフィックスを先に書きます。例えば
       FuBarCo モデル 2317 端末の 30 行モードの反転ビデオ用では、
       最 適な書式は fubar-30-rv となります (`fubar-rv-30' ではあ
       りません)。

       スタンドアロンエントリとしてではなく、 use ケーパビリ ティ
       を使用して他のエントリに挿入される部品として書かれた端末タ
       イプは、ダッシュの代わりにプラス記号が埋め込まれて区別され
       ます。

       表示制御に端末タイプを使用するコマンドは、しばしば、端末名
       引数を取る -T オプションを受け付けます。このようなプログラ
       ム では、-T オプションを指定しないときは、 TERM 環境変数を
       使用するべきです。


移植性

       古い System V UNIX との最大の互換性を維持するために、名 前
       と別名は最初の 14 文字で区別可能とすべきです。


関連ファイル

       /usr/share/misc/terminfo/?/*
            コンパイルされた端末ケーパビリティデータベース

       /etc/inittab
            tty 回線初期化 (AT&T 系の UNIX)

       /etc/ttys
            tty 回線初期化 (BSD 系の UNIX)


関連項目

       curses(3X), terminfo(5), term(5)




ABELNET VPSサービス