mwww(7) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mwww

前のページ 上に戻る 次のページ

mwww



書式

       groff -mwww [ options ] file ...


解説

       このマニュアルページは、GNU -mwww マクロについて解説してい
       ます。これは、groff ドキュメント整形システムの一部です。こ
       の マ ニュアルページは、ごく基本的なガイドに過ぎませんし、
       html デバイスドライバ (grohtml) はいまだにアルファ版という
       段 階 です。多くの人達がテストする機会を持てるようにするた
       め、このマクロを配布物に含めているのです。このマクロファイ
       ル は、-Thtml を使用すれば (troffrc ファイルによって) 自動
       的に呼ばれるのだということに注意してください。

       ハイパーリンクが動作することを確認するには、このマニュアル
       ページを grohtml デバイスを用いて整形してください。

       これは、このマクロセットで見つかる機能の概要です。


書式

       .HTMLINDEX          セクション / ヘッダ用に自動的に
                           作成されるリンクのレベルを決定します。
       .BODYCOLOR          ウェブページの色を指定します。
       .BACKGROUND         背景画像を指定します。
       .URL                2 つのパラメータを用いて URL を作成 し
       ます。
       .MAILTO             HTML   用 電子メールアドレスを作成しま
       す。
       .FTP                FTP への参照を作成します。
       .IMAGE              画像ファイルを挿入します。
       .HTML               デバイスドライバに生の HTML
                           リクエストを渡します。
       .TAG                $1 から HTML の name タグを生 成 し ま
       す。
       .LINE                水 平方向の罫線を幅いっぱいに作成しま
       す。

       pic, eqn, refer および tbl プリプロセッサの出力を入力と し
       て受け付けることができます。


リクエスト

       HTMLINDEX
              見 出しに対して自動的に作成されるリンクの切り捨てレ
              ベルを決定します。デフォルトでは、troff ドキュメ ン
              ト 中にあるすべての見出しへのリンクが HTML ウェブペ
              ージの先頭に作成されます。おそらく、細かいレベル の
              見 出しにはリンクは必要ないことが多いでしょう。また
              ウェブページによっては、見出しへのリンクは一切必 要
              ないものもあるかもしれません。このような場合、

              .HTMLINDEX 0

              とすると、 grohtml がリンクを生成しないようになりま

       BACKGROUND
              このマクロの唯一のパラメータは、背景画像ファイル を
              示します。

       URL    2  つあるいは 3 つのパラメータを使用して URL を生成
              します。 $1 はリンク名、$2 は実際の URL、そして  $3
              は  $2 の直後に印字されるオプション部分です。実際の
              URL を印字する間、ハイフネーションは無効化 さ れ ま
              す。 明示的な改行位置は、 \: で挿入すべきです。これ
              は、 groff のホームページ <http://groff.ffii.org/>:
              のエンコードの方法を示したものです。

              .URL "groff のホームページ" http://\:groff.\:ffii.\:org/ :

              -Thtml 以外のデバイスでこれを処理すると、次のように
              表示されます: groff のホームペー ジ  <http://groff.
              ffii.org> 。 URL マクロは、どんな種類の要素でも使え
              ます。例え ば、  Eric  Raymond   の  pic   ガ イ ド
              <pic.html> という参照を次のようにして作ることができ
              ます:

              .URL "Eric Raymond の pic ガイド" pic.html


       MAILTO HTML 用の電子メール参照を生成します。第 1 引数 は、
              電子メールアドレスとして必須のものです。第 2 引数は
              オプションであり、ブラウザに表示されるテキ ス ト で
              す。そして、第 3 引数もオプションであり、これは第 2
              引数の直後に表示されるものです。実際の電子メール ア
              ド レスを印字する間、ハイフネーションは無効化されま
              す。例えば、groff   メ ン テ ナ は  Werner  Lemberg
              <wl@gnu.org>             と       Ted       Harding
              <Ted.Harding@nessie.mcc.ac.uk> です。これは、次のマ
              クロで実現します:

              .MAILTO wl@gnu.org "Werner Lemberg"
              .MAILTO Ted.Harding@nessie.mcc.ac.uk "Ted Harding" .

              実際には、groff では URL はテキストとしての空白を一
              切使わないものとして扱われることに注意して く だ さ
              い。 このことは、いくつかの問題の原因となりますので
              バグだと考えられるでしょう。これを回 避 す る た め
              に、www.tmac は他に影響を与えない空白に展開される幅
              0 の文字を挿入します (-Thtml 付で実行された場 合 の
              み)。

       FTP     デ ータが FTP 経由で取得できることを示します。第 1
              引数は、ブラウザに表示されるテキストであり、第 2 引
              数 は URL です。第 3 引数は、先に述べたマクロと同様
              に、第 2 引数の直後に表示されるテキストとして扱われ
              ま す。第 2 および第 3 の引数はオプションです。実際
              つの引数はオプションです。第 3 引数は画素数での画像
              の 幅 です (指定がなければ、デフォルトは 400 画素で
              す)。第 4 引数は画素数での画像の高さです (指定が な
              ければ、デフォルトは画像幅と同じです)。


       HTML    このマクロの後に続いたテキストはすべて生の HTML と
              して扱われます。ドキュメントが -Thtml を 使わずに処
              理 される場合、このマクロは無視されます。このマクロ
              は、より高水準な他のマクロの構成要素です。

              例えば、BACKGROUND マクロは次のように定義されます:
              .de BACKGROUND
              .   HTML <body background=\$1>
              ..


       TAG    引数から HTML の name タグを生成します。こ の タ グ
              は、  URL <#URL> マクロを使って参照できます。御覧の
              通り、同一ドキュメント内の参照ですので、タグ名の 前
              には `#' を付けなくてはなりません。このリンクは、先
              の URL マクロの記述の中で TAG を置くことで実現し た
              のです。ソースは次のようになります:

              .TP
              .B URL
              は、
              .TAG URL
              を生成します。
              URL は 2 個あるいは 3 個の
              引数を使います。
              $1 がリンクの名前、そして $2 が実際の URL です。


       LINE   水平方向に幅いっぱいの罫線を生成します。次が例です:

              .LINE


       LINKS  は、grohtml が自動的に生成されるリンクをこの位置 へ
              置くよう要求します。例:


セクション見出しへのリンク

       デ フォルトでは、 grohtml はセクションの見出しすべてへのリ
       ンクを生成し、リンクを HTML ドキュメントの先頭に配置 し ま
       す。 オフにしたり位置を変えるための詳細は LINKS <#LINK> を
       参照してください。


grohtml の制限

       tbl 情報は、現状 png イメージで描かれます。


関連ファイル

       使っているかも伝えてください。



Groff Version 1.17.2      6 August 2001             GROFF_MWWW(7)

ABELNET VPSサービス