mailaddr(7) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mailaddr

前のページ 上に戻る 次のページ

mailaddr


     プロトコルに基づいています。これらのアドレスは汎用的な書式

           user@domain

     に従います。ここで domain はドットで区切られた階層的なサブドメインのリス
     トです。例えば、ある正しいアドレスは以下の通りです。

           eric@CS.Berkeley.EDU

     アドレス表記のある種の別形式と異なり、これらドメインには経路指定としての
     意味は全くありません。それゆえ、このアドレスがインターネットのアドレスと
     して指定された場合でも、もし他の経路の方が簡便だったり効率的だったりする
     場合は、メールはそちらを通ります。例えば、Berekeley の内部では、このアド
     レスを指定したメッセージは Berkeley のインターネットゲートウェイを通ら
     ず、おそらくイーサネットを通じて直接 CS へ行くでしょう。

   B>省B>略
     ある種の状況下においては完全なドメイン名を指定する必要はありません。一般
     的に、宛先のアドレスの最初のドットより後の部分が、あなたがメッセージを発
     信しようとしている場所と同じドメインである場合は、ドット以降のすべてを省
     略して構いません。例えば、``calder.berkeley.edu'' に所属するユーザは、送
     り側と受け側のホストが同じであるため、``berkeley.edu'' をつけずに
     ``eric@CS'' にメッセージを送ることができます。

   B>互B>換B>性

     ある種の古いアドレスの書式は以前のメールシステムに互換になるように新しい
     書式に変換されます。特に、

           user@host

     と
           user@host.domain

     はそのまま新しい書式でも許されますが、

           host.domain!user

     は

           user@host.domain

     に変換され、

           host!user

     は

           user@host.UUCP

     に変換されます。

     せん。通常この経路指定は自動的に行われますが、メッセージの経路を手動で指
     定した方が望ましい場合も時々あります。それらのリレーを示すアドレスは「経
     路つきアドレス(route-addr)」と呼ばれます。これらは以下の構文に従います。

           <@hosta,@hostb:user@hostc>

     この例は、メッセージがまず hosta に送られ、そこから hostb へ、そして最後
     に hostc に送られることを示します。この経路は、hostc へのより効率的な経路
     が存在した場合でも、強制されます。

     経路つきアドレスはリターンアドレスにしばしば表れます。これは、通例、各ホ
     ストにおいてソフトウェアが先頭に経路情報を付け加えるためです。実際の送り
     主を識別するために、アドレスの ``user@hostc'' 部分を除いたすべての部分を
     無視することができるのが通例です。

     [注意: route-addr 構文は、使用しないように RFC 1123 で公式に要請されてい
     るので使用するべきではありません。]

     ごく単純な経路指定のために、多くのサイトは「パーセントハック」もサポート
     しています。

           user%hostc%hostb@hosta

     は、前の例に示したのと同じ経路を通って配送されます。

   B>ポB>スB>トB>マB>スB>タ

     すべてのサイトは、メールシステムに関する問題報告の送り先である ``postmas-
     ter'' という名前のユーザか、ユーザへのエイリアスを備える必要があります。

   B>そB>のB>他B>のB>ネB>ッB>トB>ワB>ーB>ク

     他のネットワークのうちの一部には、そのネットワークの名前をドメインの最後
     の構成要素として与えることによって、メッセージを届けることのできるものも
     あります。これは 標準の機能ではないので、すべてのサイトでサポートされてい
     るわけではないでしょう。例えば、CSNET や BITNET のサイトへはそれぞれ
     ``user@host.CSNET'' や ``user@host.BITNET'' として送信できることがしばし
     ばです。


関連項目

     mail(1), sendmail(8)

     Crocker, D. H., Standard for the Format of Arpa Internet Text Messages,
     RFC822.


歴史

     mailaddr マニュアルページは 4.2BSD から登場しました。


バグ

     RFC822 のグループ構文 (``group:user1,user2,user3;'') は、古い berknet ス
     タイルのアドレスと衝突するため、 ``group:;'' という特別な場合を除いてサポ
     ートされていません。

ABELNET VPSサービス