hier(7) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

hier

前のページ 上に戻る 次のページ

hier



     /        ファイルシステムのルートディレクトリ。

     /bin/    ユーザ用ユーティリティの基本的なもの。シングルユーザ環境、マルチ
              ユーザ環境どちらでも使用する。

     /boot/   オペレーティングシステムのブートストラップ中に使用されるプログラ
              ムと設定ファイル。

              defaults/  デフォルトのブートストラップ用設定ファイル。
                         loader.conf(5) 参照。

     /dev/    ブロックデバイスおよびキャラクタデバイスファイル。

              MAKEDEV  デバイスファイル作成用スクリプト。 MAKEDEV(8) 参照。
              fd/      ファイル記述子ファイル。 fd(4) 参照。

     /etc/    システムの設定ファイル、およびスクリプト。

              defaults/    デフォルトのシステム設定ファイル。 rc(8) 参照。
              gnats/       gnats 設定ファイル。 send-pr(1) 参照。
              isdn/        isdn4bsd の設定ファイル。 isdnd(8) 参照。
              kerberosIV/  kerberos バージョン IV の設定ファイル。 kerberos(1)
                           参照。
              localtime    ローカルタイムゾーン情報。 ctime(3) 参照。
              mail/        sendmail の制御情報。
              mtree/       mtree 設定ファイル。 mtree(8) 参照。
              namedb/      named 設定ファイル。 named(8) 参照。
              periodic/    cron(8) により、毎日/毎週/毎月実行されるスクリプ
                           ト。 periodic(8) 参照。
              ppp/         ppp(8) ppp 設定ファイル。 ppp(8) 参照。
              ssl/         OpenSSL 設定ファイル。
              uucp/        uucp 設定ファイル。 uucp(1) 参照。

     /kernel  カーネルの pure な実行可能ファイル (ブート時にメモリに読み込まれ
              るオペレーティングシステム)。

     /modules/
              ロード可能なカーネルモジュール。 kldstat(8) 参照。

     /mnt/    通常、システム管理者が一時的なマウントポイントとして使用する空の
              ディレクトリ。

     /proc/   プロセスファイルシステム。 procfs(5), mount_procfs(8) 参照。

     /root/   root のホームディレクトリ。

     /sbin/   システムプログラム、および基本的な管理者用ユーティリティ。シング
              ルユーザ環境、マルチユーザ環境どちらでも使用する。

     /stand/  スタンドアロン環境で使用されるプログラム。

                        dev/         様々な FreeBSD デバイスのプログラミング用
                                     の C インクルードファイル。
                                     ppbus/       パラレルポートバス。
                                                  ppbus(4) 参照。
                                     usb/         USB サブシステム。
                        fs/
                                     smbfs/       SMB/CIFS ファイルシステム。
                        g++/         GNU C++ 言語インクルードファイル。
                                     std/         GNU C++ 言語 libstdc++ イン
                                                  クルードファイル。
                        isc/         ISC ユーティリティライブラリ libisc イン
                                     クルードファイル。
                        isofs/
                                     cd9660/      iso9660 形式ファイルシステ
                                                  ム。
                        kerberosIV/  kerberos 認証パッケージ用 C 言語インクル
                                     ードファイル。 kerberos(1) 参照。
                        machine/     マシン固有機能の C 言語インクルードファイ
                                     ル。
                        msdosfs/     MS-DOS ファイルシステム。
                        net/         その他のネットワーク機能用 C 言語インクル
                                     ードファイル。
                        netatalk/    Appletalk プロトコル。
                        netatm/      ATM のインクルードファイル。 atm(8) 参
                                     照。
                        netinet/     インターネット標準プロトコル用 C 言語イン
                                     クルードファイル。 inet(4) 参照。
                        netinet6/    インターネットプロトコルバージョン 6 用の
                                     C インクルードファイル。 inet6(4) 参照。
                        netipx/      IPX/SPX プロトコルスタック。
                        netkey/      カーネルの鍵管理サービス。
                        netns/       Xerox 社の NS プロトコル。
                        netsmb/      SMB/CIFS リクエスタ。
                        netnatm/     NATM インクルードファイル。 natm(4) 参
                                     照。
                        nfs/         NFS (Network File System) 用 C 言語インク
                                     ルードファイル。
                        objc/        Objective C のインクルードファイル。
                        posix4/      POSIX リアルタイム拡張のインクルードファ
                                     イル。 p1003_1b(9) 参照。
                        openssl/     OpenSSL (Cryptography/SSL ツールキットの)
                                     ヘッダ。
                        pccard/      PC-CARD コントローラ。
                        protocols/   Berkeley サービスプロトコル用 C 言語イン
                                     クルードファイル。
                        readline/    ユーザからの一行入力機能 (編集機能付き)。
                                     readline(3) 参照。
                        rpc/         リモート手続き呼び出し。 rpc(3) 参照。
                        rpcsvc/      RPC サービス構造の定義。 rpc(3) 参照。
                        security/    PAM。 pam(8) 参照。
                        ss/          MIT SIPB `サブシステム' ライブラリ。Ker-
                                     beros IV の一部。

              libdata/  その他のユーティリティデータファイル。
                        doscmd/     doscmd が使用するファイル (ドライバ、フォ
                                    ント等)。 doscmd(1) 参照。
                                    fonts/  doscmd が使用するフォント。
                        gcc/        ???
                        ldscripts/  リンカスクリプト。 ld(1) 参照。
                        lint/       さまざまな lint 用ライブラリ (事前に構築さ
                                    れている)。 lint(1) 参照。
                        msdosfs/    文字集合変換表。
                        perl/
                                    5.00503/    Perl バージョン 5.00503 のため
                                                の Perl モジュール。 perl(1)
                                                参照。
                        stallion/   ダウンロードファームウェアのイメージが保持
                                    されている。

              libexec/  システムデーモンおよびシステムユーティリティ。 (他のプ
                        ログラムから実行されるもの)。
                        aout/       a.out 実行形式を操作するユーティリティ。
                        elf/        ELF 実行形式を操作するユーティリティ。
                        lpr/        LP プリントシステムのユーティリティとフィ
                                    ルタ。 lpr(1) 参照。
                        sm.bin/     sendmail 用制限付きシェル。 smrsh(8) 参
                                    照。
                        uucp/       uucp ユーティリティ。 uucp(1) 参照。

              local/    ローカルの実行可能ファイル、ライブラリなど。 FreeBSD
                        ports フレームワークのデフォルトのインストール先として
                        も使用されます。 local/以下では、 hier(7) で /usr に関
                        して記述された一般的な配置が使用されます。例外は、man
                        ディレクトリ (local/share/ の下ではなく local/ の直下
                        に存在)、 ports のドキュメント (share/doc/<port>/ に置
                        かれます)、 /usr/local/etc (/etc の模倣) です。
              obj/      アーキテクチャ依存のターゲットツリー。 /usr/src ツリー
                        を構築することで作成される。
              ports/    FreeBSD ports コレクション (オプション扱い)。
              sbin/     (ユーザによって実行される) システムデーモン、およびシ
                        ステムユーティリティ。
              share/    アーキテクチャに依存しないファイル。

                        calendar/  事前に組み立てられた calendar ファイルいろ
                                   いろ。 calendar(1) 参照。
                        dict/      単語リスト。 look(1) 参照。

                                   words       一般の単語
                                   web2        Webster's 2nd International か
                                               らの単語
                                   papers/     リファレンスデータベース。
                                               refer(1) 参照。
                                   special/    特殊な語のリスト。 spell(1) 参
                                               照。
                                               への翻訳。
                                   ncurses/    ncurses に属する HTML 文書。
                                               ncurses(3X) 参照
                                   ntp/        Network Time Protocol に属する
                                               HTML 文書。
                                   papers/     UNIX 関連の論文
                                   psd/        UNIX プログラマ用補助文書
                                   ru/         /usr/share/doc 中の文書のロシア
                                               語への翻訳。
                                   smm/        UNIX システム管理者用マニュアル
                                   tutorials/  FreeBSD チュートリアル。
                                   usd/        UNIX ユーザ用補助文書
                                   zh/         /usr/share/doc 中の文書の中国語
                                               への翻訳。

                        examples/  一般ユーザやプログラマ向けのさまざまな用
                                   例。
                        games/     各種のゲームで使用される ASCII テキストファ
                                   イル。
                        groff_font/
                                   デバイス名ごとに用意されたデバイス記述ファ
                                   イル。
                        info/      GNU Info ハイパーテキストシステム。
                        isdn/      ISDN。
                        libg++/    libg++ genclass のプロトタイプ/テンプレート
                                   クラスファイル。
                        locale/    ローカル化関係のファイル。 setlocale(3) 参
                                   照。
                        man/       マニュアルページ。
                        me/        me マクロパッケージで使用するマクロ。 me(7)
                                   参照。
                        misc/      その他システム全体の ASCII テキストファイ
                                   ル。
                                   fonts/      ???
                                   pcvtfonts/  pcvt フォント。 pcvt(4) 参照。
                                   termcap     端末の特性を記述するデータベー
                                               ス。 termcap(5) 参照。
                        mk/        make 用テンプレート。 make(1) 参照。
                        nls/       各国語サポート (National Lanuguage Support)
                                   ファイル。 mklocale(1) 参照。
                        pcvt/      pcvt の文書とその他の例。 pcvt(4) 参照。
                        perl/      perl ライブラリファイル。 perl(1) 参照。
                        sendmail/  sendmail の設定ファイル。 sendmail(8) 参
                                   照。
                        skel/      新しいアカウントのための . (ドット) ファイ
                                   ルの例。
                        syscons/   syscons が使用するファイル。 syscons(4) 参
                                   照。
                                   fonts/       コンソールフォント。
                                                vidcontrol(1)vidfont(1) 参
                                                照。
                                   keymaps/     コンソールキーボードマップ。

                        crypto/      寄贈された暗号化ソフトウェアのソース。
                        etc/         /etc 内のファイルのソース。
                        games/       /usr/games 内のファイルのソース。
                        gnu/         GNU Public Licence で保護されたユーティリ
                                     ティ。
                        include/     /usr/include 内のファイルのソース。
                        kerberosIV/  Kerberos version IV のソース。
                        lib/         /usr/lib 内のファイルのソース。
                        libexec/     /usr/libexec 内のファイルのソース。
                        release/     FreeBSD のリリースを生成するために必要な
                                     ファイル。
                        sbin/        /sbin 内のファイルのソース。
                        secure/      /usr/src/crypto 中のファイル用のビルド
                                     ディレクトリ。
                        share/       /usr/share 内のファイルのソース。
                        sys/         カーネルのソースファイル。
                        tools/       FreeBSD のメンテナンスとテストに使用する
                                     ツール。
                        usr.bin/     /usr/bin 内のファイルのソース。
                        usr.sbin/    /usr/sbin 内のファイルのソース。

              X11R6/    X11R6 配布パッケージの実行可能形式ファイル、ライブラリ
                        など (オプション扱い)。
                        bin/      X11R6 のバイナリ (サーバ、ユーティリティ、ロ
                                  ーカルな packages/ports)。
                        etc/      X11R6 の設定ファイルとスクリプト。
                        include/  X11R6 のインクルードファイル。
                        lib/      X11R6 のライブラリ。
                        man/      X11R6 のマニュアルファイル。
                        share/    アーキテクチャ独立なファイル。

     /var/    さまざまな用途のログファイル、一時ファイル、遷移的ファイル、スプ
              ールファイル。

              account/   システムアカウンティングファイル。

                         acct        実行アカウントファイル。 acct(5) 参照。

              at/        指定した時間に動くコマンドのスケジュールファイル。
                         at(1) 参照。
                         jobs/      ジョブファイルを含むディレクトリ。
                         spool/     出力スプールファイルを含むディレクトリ。

              backups/   さまざまなバックアップファイル。
              crash/     カーネルクラッシュダンプを保存するデフォルトのディレ
                         クトリ。 crash(8)savecore(8) 参照。
              cron/      cron が使用するファイル。 cron(8) 参照。
                         tabs/      crontab ファイル。 crontab(5) 参照。

              db/        システム固有のさまざまなデータベースファイル。自動生
                         成される。
              games/     さまざまなゲームのステータスおよびスコアファイル。

              rwho/      rwho データファイル。 rwhod(8), rwho(1), ruptime(1)
                         参照。
              spool/     さまざまなプリンタ、メールシステムのスプールディレク
                         トリ。

                         ftp/        一般に ~ftp となる部分。anonymous ftp の
                                     ルートディレクトリ。
                         mqueue/     配送されていないメールのキュー。
                                     sendmail(8) 参照。
                         output/     ラインプリンタ用スプールディレクトリ。
                         secretmail/
                                     機密メール用スプールディレクトリ。
                                     xget(1) 参照。
                         uucp/       uucp スプールディレクトリ。
                         uucppublic/
                                     一般に ~uucp となる部分。共用 uucp テンポ
                                     ラリディレクトリ。

              tmp/       システムがリブートするまでの間保持されるテンポラリ
                         ファイル。
                         vi.recover/
                                     vi のリカバリファイルを格納しておくディレ
                                     クトリ。
              yp         NIS マップ。


関連項目

     apropos(1), find(1), finger(1), grep(1), ls(1), whatis(1), whereis(1),
     which(1), fsck(8)


歴史

     hier マニュアルページは Version 7 AT&T UNIX で登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 5, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス