environ(7) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

environ

前のページ 上に戻る 次のページ

environ




解説

     環境と呼ばれる文字列の配列は、プロセス開始時に execve(2) を呼び出すことに
     よって利用可能になります。習慣によって、これらの文字列は ``name=value''
     という形を取ります。以下の名前は多くのコマンドによって利用されます:

     BLOCKSIZE  いくつかのコマンド (最もよく知られている物としては df(1),
                du(1), ls(1)) で用いられるブロック単位のサイズ。 BLOCKSIZE に
                は、数字を指定することによってバイト単位の値を、数字の後に
                ``K'' か ``k'' を指定することによってキロバイト単位の値を、数
                字の後に ``M'' か ``m'' を指定することによってメガバイト単位の
                値を、数字の後に ``G'' か ``g'' を指定することによってギガバイ
                ト単位の値を、指定することができます。 512 バイトより小さい値
                や 1 ギガバイトより大きい値を指定しても無視されます。

     EDITOR     デフォルトのエディタの名前。

     EXINIT     ex(1), vi(1) が参照する、スタートアップ時のコマンドリスト。

     HOME       login(1) によって、パスワードファイル passwd(5) を元にセットさ
                れるユーザのログインディレクトリ。

     LANG       setlocale(3) を使用する全てのプログラムを、この変数に指定され
                たロケールを使うように設定します。

     MAIL       ユーザのメールボックスの場所です。 mail(1), sh(1), その他多く
                のメールクライアントが、デフォルトの /var/mail の代わりに用い
                ます。

     PAGER      デフォルトのページャプログラム。 mail(1), man(1), ftp(1) など
                が、使用中のディスプレイよりも長い情報を表示するときに、この変
                数で指定されたプログラムを使用します。

     PATH       コロンで区切られたディレクトリの列です。 csh(1), sh(1),
                system(3), execvp(3) などが、実行ファイルを探すときに検索しま
                す。 PATH の初期値は、 login(1) によって、``/usr/bin:/bin'' に
                セットされます。

     PRINTER    lpr(1), lpq(1), lprm(1) によって用いられるデフォルトのプリンタ
                の名前。

     PWD        カレントディレクトリのパス名。

     SHELL      ユーザのログインシェルのフルパス名。

     TERM       出力を準備する必要のある端末の種類。この情報は nroff(1)plot(1) などの、端末の特殊な機能を駆使するコマンドによって用い
                られます。端末タイプのリストは、 /usr/share/misc/termcap
                (termcap(5)) を参照してください。

     TERMCAP    TERM で指定した端末の機能を記述する文字列、あるいは、文字列が
                `/' で始まる場合、termcap ファイルの名前。下記の TERMPATH,
                ``/usr/share/zoneinfo'' からの相対パス名です。例えば、コマンド
                ``env TZ=America/Los_Angeles date'' は、カリフォルニアの現在時
                刻を表示します。より詳しい情報は、 tzset(3) を参照してくださ
                い。

     USER       ユーザのログイン名。

     これ以外の名前も、 sh(1) においては export コマンドと name=value 引数に
     よって、 csh(1) を使用している時には setenv コマンドによって環境に付け加
     えることができます。 .profile ファイルでしばしばエキスポートされる、
     MAIL, PS1, PS2, IFS などのいくつかの sh(1) の変数を変更するのは、自分が何
     をしているのか十分に理解していない場合には賢明ではありません。


関連項目

     cd(1), csh(1), ex(1), login(1), sh(1), execve(2), execle(3), getenv(3),
     setenv(3), setlocale(3), system(3), termcap(3), termcap(5)


歴史

     environ マニュアルページは 4.2BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                     April 19, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス