rot13(6) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rot13

前のページ 上に戻る 次のページ

rot13




解説

     caesar は英文字の出現頻度に関する統計を用いてシーザー式暗号法の解読を行な
     うユーティリティです。 caesar は標準入力から読み込み、標準出力へ書き出し
     ます。

     オプション引数に数字で rotation を与えることにより、特定の回転値を指定で
     きます。

     英文字の出現頻度は以下の通り(多いほうから少ないほうへ)。

           ETAONRISHDLFCMUGPYWBVKXJQZ

     これらの出現頻度をパーセントで示します:

           E(13), T(10.5), A(8.1), O(7.9), N(7.1), R(6.8), I(6.3), S(6.1),
           H(5.2), D(3.8), L(3.4), F(2.9), C(2.7), M(2.5), U(2.4), G(2),
           P(1.9), Y(1.9), W(1.5), B(1.4), V(.9), K(.4), X(.15), J(.13),
           Q(.11), Z(.07).

     USENET への暗号化された投稿や、 fortune(6) プログラムが用いるデータベース
     のいくつかは、13 文字分回転されています。

FreeBSD 4.4                    November 16, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス