primes(6) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

primes

前のページ 上に戻る 次のページ

primes




書式

       factor -[h] [ number ] ...  [ number ] ...

       primes -[h] [ start [ stop ]]


解説

       factor ユーティリティは 0 以上 ULONG_MAX ( 32 ビットアーキ
       テクチャでは 4294967295 であり、 64 ビットアーキテクチャで
       は 18446744073709551615) 以下の整数を素因数分解します。 素
       因 数分解されると、元の整数の後ろに ``:'' をつけて、さらに
       その後ろに一行で因数のリストが表示されます。因数は空白で区
       切りながら昇順に表示されます。もし同じ因数で複数回割ること
       ができる場合は、その因数は回数分表示されます。

       factor に 1 つ以上の引数を与えて実行すると、それぞれについ
       て素因数分解を行います。

       factor  を引数無しで実行すると、 factor は一行につき一つの
       数値を、ファイルの終了またはエラーとなるまで、標準入力から
       読み込みます。先頭の空白ならびに空行は無視されます。数字の
       前に一つだけ - か + の記号がついているのはかまいません。数
       字は非数字キャラクタ(たとえば改行)で終了します。数字を一つ
       読む毎に、それは素因数分解されます。入力行はそれぞれ 一 行
       が255文字を越えてはなりません。

       primes ユーティリティは start 以上 stop 未満の素数を一行に
       一つ、昇順で表示します。 start は最低でも 0 以上で、  stop
       未満であることが必要です。 stop は 4294967295 よりも大きく
       てはなりません。 stop を省略した 場 合 の デ フォ ル ト は
       4294967295 です。

       引 数なしで primes ユーティリティを起動した場合、 start は
       標準入力から読み込まれま す。 こ の 場 合  stop   と し て
       4294967295  が用いられます。 start の数字の頭に + 記号を付
       けるのはかまいません。 start の数字は非数字のキャラクタ(例
       え ば 改行)で終了します。入力行は255文字を越えてはなりませ
       ん。


オプション

       -h      10 進数ではなく 16 進数で、結果を表示します。


診断

       範囲外あるいは不正な入力を与えると、答として `ouch' を標準
       エラーに出力します。


バグ

       factor  は ``十大凶悪'' 因子のリストを処理するのには使えま
       せんし、 primes で素数の世界記録を求めることはできません。




ABELNET VPSサービス