morse(6) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

morse

前のページ 上に戻る 次のページ

morse




解説

     コマンド morse は入力を読み取り、モールス符号に変換します。受け付ける入力
     はコマンドライン引数か標準入力です。

     利用可能なオプションは以下の通りです:

     -s    -s オプションは、語 (dit, dah) ではなく、ドット (`.') とダッシュ
           (`-') を出力します。

     -p    モールス符号を実際に出力します。システムが speaker(4) をサポートし
           ている場合のみ、動作します。

     -w speed
           出力速度を指定した語/分に設定します。指定しない場合はデフォルト速度
           の 20 語/分になります。

     -f frequency
           サイドトーンの周波数をデフォルトの 600 Hz からそれ以外に設定しま
           す。

     -d device
           -p と似ていますが、音ではなく device の RTS 信号を利用します。モー
           ルス符号を発するためには、 device は tty デバイスでなくてはいけませ
           ん。

     -e    -p-d と同時に指定すると、文字を送出前にエコーバックします。

     -w-f フラグは -p あるいは -d フラグが指定されている場合のみ有効です。

     全ての代理符号に、対応する文字があるというわけではありません。 `#' は AS
     に対応し、 `@' はに対応し、 `*' は VE に対応し、 `%' は BK に対応します。
     より一般的な代理符号としては、 `=' は BT に対応し、 `(' は KN に対応し、
     `+' は AR に対応します。

     フラグ -d device を用いることで、練習のためのヘッドフォン付きのサイドトー
     ンジェネレータや、ハムのトランシーバといった外部デバイスをキーイングする
     ことが可能です。後者については、NPN トランジスタを、 device のシリアルポ
     ートに繋ぎます。エミッタはグラウンドに、ベースは抵抗 (数キロオーム) を通
     して RTS に、コレクタをトランシーバのキー入力に繋ぎます (トランシーバが正
     の電圧を供給しており、キー入力をグラウンドに繋ぐことでキーイング出来ると
     仮定しています)。不要な RF を防ぎ、プログラム開始時の小さなグリッチを抑制
     するために、コンデンサ (数ナノファラッド) をベースとグラウンドの間にいれ
     ることを、お勧めします。


関連ファイル

     /dev/speaker  スピーカデバイスファイル


環境変数

     LC_ALL
     LC_CTYPE
     LANG      これらの変数のいずれかに (この優先度で) `KOI8-R' で終るロケール


バグ

     少数のヨーロッパ文字 (ドイツ語とフランス語) のみ理解しますが、アジアの言
     語とコンチネンタルランドライン符号 (continental landline code) は理解しま
     せん。

     システムオーバヘッドのため、出力速度が実際の値よりちょっと遅いです。これ
     を仕様だと言う人がいても不思議ではないかも知れません。

FreeBSD 4.4                    December 7, 2000                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス