fish(6) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

fish

前のページ 上に戻る 次のページ

fish



書式

       fish [-p]


解説

       fish は伝統的な子供のカードゲームの Go Fish です。

       コ ンピュータはプレイヤとコンピュータ自身に 7 枚のカードを
       配り、デッキの残りは (比喩的に言うと) 顔を伏せて場に置きま
       す。 ゲームの目的は ``ブック''、すなわち一つの階級のすべて
       のカードを集めることです。例えば、4 枚の 2 を集めれば、 プ
       レイヤは ``2 のブック'' を得たことになります。

       オプションを以下に示します:

       -p     プロフェッショナルモード

       コンピュータは誰からゲームを始めるかランダムに決めます。そ
       れから、コンピュータとプレイヤは階級を指定してカードを交互
       に要求します。もし、要求されたプレイヤが求められた階級のカ
       ードを持っていた場合には、要求したプレイヤにそれを譲 り ま
       す。 プレイヤは要求する階級のカードを少なくとも 1 枚は手札
       に持っていなければなりません。他のプレイヤが持っていない階
       級 の カ ー ドをプレイヤが要求した時には要求したプレイヤは
       ``Go Fish!'' と言われます。そして、要求したプレイヤは配 ら
       れ ていないカードから 1 枚のカードを引きます。もし、要求し
       たカードを引いた場合には、そのプレイヤのターンが続き、他の
       プレイヤにさらにカードを要求します。そうでなければ、他のプ
       レイヤのターンになります。

       プレイヤが他のプレイヤからカードを得るか、またはデッキから
       引 く かしてブックを完成させた時には、そのカードは脇に置か
       れ、ゲームではもう使いません。

       ゲームはどちらかのプレイヤの手札がなくなった時点で終 り ま
       す。ブックが最も多いプレイヤの勝ちになります。

       fish はどのような入力を受け入れるかについて説明します。


バグ

       コンピュータはごく稀にいかさまをします。



4th Berkeley Distribution  May 31, 1993                   FISH(6)

ABELNET VPSサービス