cribbage(6) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

cribbage

前のページ 上に戻る 次のページ

cribbage



書式

       /usr/games/cribbage [ -req ] name ...


解説

       cribbage  は、一方をプログラムが担当し他方をユーザが担当す
       る形式で、カードゲームのクリベッジをプレイします。始めに、
       プログラムはユーザにゲームのルールが必要か尋ねます。- 必要
       と答えたなら、 According to Hoyle から適切な節を more  (I)
       で表示します。

       cribbage オプションには次のものがあります:

       -e      プレイヤが自分の手札やクリブの得点化を間違えた時、
              正しい得点の説明を教えます。(これは特に始めたてのプ
              レイヤに便利です。)

       -q      すべてのメッセージを短い形式で表示します。- これは
              このオプションを指定せずにゲームをプレイしてきた ユ
              ーザにのみお薦めします。

       -r      プ レ イヤにカード束をカットするよう求めるのではな
              く、プログラムがランダムにカード束をカットします。

       cribbage はまず、プレイヤに短いゲーム (" 1 周 " すな わ ち
       61  まで) と長いゲーム (" 2 周 " すなわち 121 まで) のどち
       らをプレイしたいか尋ねます。`s' と答えると短いゲームになり
       ます。その他の応答は何でも長いゲームをプレイします。

       最初のゲーム開始時に、最初のクリブを誰が取るかを決めるため
       に、カード束をカットするようプレイヤに求めます。ユーザはカ
       ー ド束の何枚下のカードをカットするかを示す 0 から 51 の間
       の数字を答えなければいけません。よりランクの低いカー ド を
       カットしたプレイヤが最初のクリブを取ります。1 回以上ゲーム
       をプレイすると、前回のゲームの敗者が今回のゲームの始めのク
       リブを取ります。

       手札を配るごとに、プログラムはまずプレイヤの手札と誰のクリ
       ブであるかを表示し、それからクリブへ 2 枚のカードを捨て る
       ようプレイヤに求めます。カードは 1 行につき 1 枚ずつ、後で
       説明するようにして指定します。

       カードを捨てた後、(プレイヤのクリブなら) プログラムがカ ー
       ド 束をカットするか、(プログラムのクリブなら) プレイヤにカ
       ード束をカットするよう求めます。後者の場合、適切な応答は残
       りの 40 枚のカードから何枚下のカードをカットするかを示す 0
       から 39 の数字です。

       カード束をカットした後、子 (クリブを持たないほう) が最初の
       カードを出してプレイが始まります。カードすべてが使われるま
       で、クリベッジのルールに従い、プレイは続きます。プログラム
       は、全ポイントの得点化と、テーブル上のカードの合計に、絶え
       ず注意を払います。
       "seven",  "eight",  "nine", "ten", "jack", "queen", "king"
       のいずれかで指定できます。スーツは、`s', `h', `d', `c'  あ
       る いは、 "spades", "hearts", "diamonds", "clubs" のいずれ
       かで指定できます。カードは <rank> " " <suit>   あ る い は
       <rank>  " of " <suit> のように指定できます。ランクとスーツ
       の 1 文字指定を用いる場合、スーツとランクを分けるスペー ス
       は 省けます。また、希望のランクのカードは 1 枚だけプレイ可
       能なら、ランクの入力だけで充分です。例えば、手 札 が  "2H,
       4D, 5C, 6H, JC, KD" でダイアモンドのキングを捨てたければ、
       次のいずれの入力でも可能です。 "k", "king", "kd",  "k  d",
       "k  of d", "king d", "king of d", "k diamonds", "k of dia-
       monds", "king diamonds", "king of diamonds"


関連ファイル

       /usr/games/cribbage


作者

       Earl T. Cohen が論理を書きました。 Ken Arnold が画面指向の
       インタフェースを追加しました。



4th Berkeley Distribution  May 31, 1993               CRIBBAGE(6)

ABELNET VPSサービス