arithmetic(6) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

arithmetic

前のページ 上に戻る 次のページ

arithmetic



書式

       arithmetic [ -o +-x/ ] [ -r range ]


解説

       arithmetic   は あなたに簡単な算数の問題を解くように求めま
       す。それぞれの問題は次の問題にいく前に正しく答えなければな
       りません。 20 問ごとに、 arithmetic は今までの得点と掛かっ
       た時間を表示します。割り込みか end-of-file 文字を入力す れ
       ばいつでも終了することができます。

       オプションは以下のとおりです:

       -o     デフォルトでは、 arithmetic は 0 から 10 までの数値
              の足し算と、それに対応する引き算を尋ねます。一つ ま
              た はそれ以上の文字 +-x/ を与えることによって、それ
              ぞれ足し算、引き算、掛け算、割り算の問題を頼むこ と
              ができます。これらの文字を1回よりも多く与えると、そ
              の種類の問題はより多く尋ねられます。

       -r     range が与えられた場合には、 arithmetic は以下の 方
              式 にしたがって問題の数値を選びます。足し算と掛け算
              においては、足されるたり掛けられたりする数値は全 て
              0   と range の間になります。引き算と割り算において
              は、要求される答と割ったり引いたりする数値の両方 が
              0 と range の間になります (もちろん、 arithmetic は
              あなたに 0 で割らせることはしません)。デフォルト の
              range は 10 です。

       あなたが問題を間違えた場合には、 arithmetic は関連する数値
       を覚え、同じ種類の問題を出題する時、他の数値よりも頻繁に選
       ぶようになります。最終的には arithmetic は許して忘れます。

       arithmetic を説得して、あなたに正しい答を教えるようには で
       きません。自分自身で答をみつけてください。


診断

       ``What?''   答が間違っていた時。 ``Right!'' 答が正しかった
       時。 ``Please type a number.'' arithmetic があなたの入力を
       理解できなかった時。


関連項目

       bc(1), dc(1)



4th Berkeley Distribution  May 31, 1993             ARITHMETIC(6)

ABELNET VPSサービス