wtmp(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

wtmp

前のページ 上に戻る 次のページ

wtmp


     #include <utmp.h>


解説

     <utmp.h> ファイルは、 utmp ファイルでの現在のユーザについての情報や wtmp
     ファイル中でのログインやログアウトの情報、 lastlog ファイル中での最終ログ
     イン情報の記録のために使われる構造体を宣言しています。時刻の変更やシャッ
     トダウンおよびリブートのタイムスタンプは、同じように wtmp ファイルに記録
     されます。

     これらのファイルは、忙しいシステムでは急速に大きくなりますので、毎日もし
     くは毎週ローテションすることを推奨します。もし、これらのファイルのどれか
     が存在しない場合、そのファイルは作成されません。これらのファイルは、手動
     で作成されなければならず、 newsyslog(8) によって管理されます。

           #define _PATH_UTMP      "/var/run/utmp"
           #define _PATH_WTMP      "/var/log/wtmp"
           #define _PATH_LASTLOG   "/var/log/lastlog"

           #define UT_NAMESIZE     16
           #define UT_LINESIZE     8
           #define UT_HOSTSIZE     16

           struct lastlog {
                   time_t  ll_time;
                   char    ll_line[UT_LINESIZE];
                   char    ll_host[UT_HOSTSIZE];
           };

           struct utmp {
                   char    ut_line[UT_LINESIZE];
                   char    ut_name[UT_NAMESIZE];
                   char    ut_host[UT_HOSTSIZE];
                   time_t  ut_time;
           };

     ユーザがログインするたびに、 login(1) プログラムは lastlog ファイル中のユ
     ーザの UID を検索します。もし見つかった場合、ユーザが最後にログインした時
     刻のタイムスタンプ、端末線、ホスト名が標準出力に書き出されます ( ログイン
     が メッセージを表示しないように設定されていない場合。 login(1) を参照 )。
     login プログラムは、その後 lastlog ファイルに新しいログイン時刻を記録しま
     す。

     新しい lastlog への記録が書き出された後で、 utmp ファイルがオープンされ、
     ユーザに対する utmp 記録が挿入されます。この記録は、ユーザがログアウトし
     て削除される時まで保持されます。 utmp ファイルは、 rwho(1), users(1),
     w(1), who(1) プログラムで使われます。

     次に、 login プログラムは wtmp ファイルをオープンし、ユーザの utmp 記録を
     追加します。同じ utmp 記録が更新されたタイムスタンプ付きで、ユーザがログ
     アウトした時に、ファイルに追加されます ( init(8) 参照)。 wtmp ファイル
     は、 last(1)ac(8) プログラムで使われます。


関連ファイル

     /var/run/utmp     utmp ファイル。
     /var/log/wtmp     wtmp ファイル。
     /var/log/lastlog  lastlog ファイル。


関連項目

     last(1), login(1), w(1), who(1), ac(8), init(8)


歴史

     A utmpwtmp ファイル書式は Version 6 AT&T UNIX から登場しました。
     lastlog ファイル書式は 3.0BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                     March 17, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス