services(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

services

前のページ 上に戻る 次のページ

services


     されます。各サービス毎に、以下の情報を表す 1 行が存在します。

           公式なサービス名
           ポート番号
           プロトコル名
           別名

     項目は任意個の空白文字やタブ文字で分けられます。ポート番号およびプロトコ
     ル名は単一の 項目とみなされ、 ``/'' を 1 つ使用してポートとプロトコルを分
     けます (例 ``512/tcp'')。 ``#'' はコメント開始を表し、行末までの文字は
     ファイルを検索するルーチンに解釈されません。

     サービス名は、フィールド区切り文字・改行文字・コメント文字以外の、任意の
     表示可能文字からなります。


NIS との相互作用

     NIS の services.byname マップへのアクセスを有効にするには、単一の ``+''
     のみからなる行を /etc/services ファイルに追加します。こうすると、NIS のサ
     ービスマップの内容が ``+'' のある位置に挿入されます。


関連ファイル

     /etc/services  services ファイルは /etc にあります。


関連項目

     getservent(3)


バグ

     静的ファイルの代わりに、ネームサーバを使用すべきです。


歴史

     services ファイルフォーマットは 4.2BSD に登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 5, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス