rhosts(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rhosts

前のページ 上に戻る 次のページ

rhosts


     hosts.equiv および .rhosts ファイルは、ネットワーク上の信頼できるホストと
     ユーザに関する情報を格納します。各ホストに対して、1つの行に以下の情報を与
     えます。

     単純に

           hostname [username]

     あるいは、より冗長に以下のようにします。

           [+-][hostname|@netgroup] [[+-][username|@netgroup]]

     ``@'' は netgroup というグループによってホスト、またはユーザを表します。
     単独の ``+'' は全てのホスト、またはユーザと一致します。前に ``-'' を伴う
     ホスト名は、一致する全てのホストとそのホスト上の全てのユーザを拒否しま
     す。前に ``-'' を伴うユーザ名は、指定されたホスト上の一致したユーザ全てを
     拒否します。

     各項目は任意の数の空白やタブ文字で区切られます。 ``#'' はコメントの開始を
     表し、これ以降の行末までの文字はこのファイルを検索するルーチンによって解
     釈されません。

     ホスト名は、インターネットアドレス操作ライブラリ inet(3)inet_addr(3)
     ルーチンを用いた伝統的な ``.'' (ドット) 表記で指定されます。ホスト名は、
     フィールド区切り文字、改行、およびコメント文字以外のあらゆる印字可能文字
     を含むことができます。

     セキュリティ上の理由から、ユーザの .rhosts が通常ファイルでないか、所有者
     がそのユーザでないか、あるいはそのユーザ以外のユーザが書き込み可能な場
     合、そのファイルは無視されます。


使用例

           bar.com foo

     ホスト ``bar.com'' のユーザ ``foo'' を信頼します。

           +@allclient

     ネットグループ ``allclient'' の全てのホストを信頼します。

           +@allclient -@dau

     ネットグループ ``allclient'' の全てのホストとそのユーザを信頼しますが、
     ネットグループ ``dau'' のユーザは例外です。


関連ファイル

     /etc/hosts.equiv     hosts.equiv ファイルは /etc に存在します。
     $HOME/.rhosts        .rhosts ファイルは $HOME に存在します。


関連項目

     rcp(1), rlogin(1), rsh(1), gethostbyname(3), inet(3), innetgr(3),
     ruserok(3), yp(4), ifconfig(8), named(8)

ABELNET VPSサービス