remote(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

remote

前のページ 上に戻る 次のページ

remote


     構造の ASCII ファイルに記録されます。ファイルの各行は、1 つの システムに
     ついての記述を提供します。フィールドはコロン (``:'') で分けられています。
     \ 文字の直後に改行がある行末は、次の行へ継続されます。

     最初のエントリはホストシステムの (複数の) 名称です。システムの名称が 1 つ
     以上ある場合、名称は縦棒で区切られます。システムの名称の後に記述フィール
     ドが続きます。 `=' 記号が続くフィールド名は、文字列型を示します。 `#' 記
     号が続くフィールド名は、数値を示します。

     ``tip*'' と ``cu*'' という名前が付いたエントリは、 tip(1) や、以下で述べ
     るように tip に対するインタフェース cu(1) でデフォルトのエントリとして使
     われます。 tip が電話番号だけをつけて呼び出された時、 ``tip300'' の形式の
     エントリを探します。 ここで、 300 は接続が張られたボーレートです。 cu イ
     ンタフェースが使われた時は、 ``cu300'' という形式のエントリが使われます。


ケーパビリティ

     ケーパビリティは、文字列 (str) ・数値 (num) ・ブーリアンフラグ (bool) の
     いずれかです。文字列ケーパビリティは capability=value のように指定されま
     す。例えば、 ``dv=/dev/harris'' のように指定します。数値ケーパビリティは
     capability#value のように指定されます。例えば、 ``xa#99'' のように指定し
     ます。ブーリアンケーパビリティは単にケーパビリティを記述するだけで指定さ
     れます。

     at      (str) 自動呼び出しユニットの形式です。

     br      (num) リモートホストと接続を確立するために使われるボーレート。こ
             れは、10 進の数値です。デフォルトのボーレートは 300 ボーです。

     cm      (str) リモートホストに送られる初期接続メッセージです。例えば、ホ
             ストにポート選択器を通して到達する場合、ここにはホストに切り替え
             るために必要とされる適切なシーケンスが設定されているべきです。

     cu      (str) 電話の呼び出しが行われる場合の呼び出しユニットです。デフォ
             ルトは、 `dv' フィールドと同じです。

     di      (str) ユーザによって切断が要求されている時にホストに送られる切断
             メッセージです。

     du      (bool) このホストはダイヤルアップ線上にあることを示します。

     dv      (str) 接続を確立するためにオープンする (複数の) UNIX デバイスで
             す。このファイルが端末線を参照している場合、 tip(1) は、1 度に 1
             ユーザだけがポートにアクセスすることを保証するために、デバイスを
             排他的にオープンします。

     el      (str) 行末 (end-of-line) を示す文字です。デフォルトでは NULL 文字
             です。`el' 中の 1 文字もしくは復帰文字 (carriage return) の後の
             `~' エスケープは tip だけで認識されます。

     fs      (str) 転送のためのフレームサイズです。デフォルトフレームサイズは
             BUFSIZ と同じです。


     pn      (str) ホストに対する (複数の) 電話番号です。電話番号フィールドが
             @ 符号を含んでいる場合、 tip は電話番号の一覧を /etc/phones ファ
             イルから検索します ( phones(5) 参照)。

     tc      (str) ケーパビリティのリストが、名前で与えられた記述に継続される
             ことを示します。これは主に共通のケーパビリティ情報を共有するため
             に使われます。

     ここで、ケーパビリティの継続機能の利用をしめす短い例をお見せしましょう:

     UNIX-1200:\
     :dv=/dev/cau0:el=^D^U^C^S^Q^O@:du:at=ventel:ie=#$%:oe=^D:br#1200:
     arpavax|ax:\
     :pn=7654321%:tc=UNIX-1200


関連ファイル

     /etc/remote  /etc に置かれた B>リB>モB>ーB>トホスト記述ファイル。


関連項目

     tip(1), phones(5)


歴史

     remote ファイル書式は 4.2BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 5, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス