rcsfile(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rcsfile

前のページ 上に戻る 次のページ

rcsfile



解説

       RCS ファイルの内容は以下の文法に基づき記述されます。

       テ キ ストはフリーフォーマットであり、文字列中のスペース、
       バックスペース、タブ、改行、垂直タブ、改頁、復帰 (まとめて
       空 白 と呼びます) は意味を持ちません。例外として、id, num,
       sym 内では空白があってはならず、 RCS ファイルは改行で終 わ
       らなければなりません。

       文字列は @ で括られます。文字列が @ 自身を含む場合、2 重化
       されなければならず、それ以外は任意のバイナリデータを含むこ
       とができます。

       以下、簡便のためにメタ文法を用います。 `|' (縦棒) は選言を
       分けます。 `{' と `}' は省略可能な句を括ります。  `{'   と
       `}*'  は 0 回以上繰り返される句を括ります。 `{' と `}+' は
       1 回以上繰り返される句を括ります。終端記号は B>太B>字で、非 終
       端記号は 斜体で表記します。

       rcstext   ::=  admin {delta}* desc {deltatext}*

       admin     ::=  head       {num};
                      { branch   {num}; }
                      access     {id}*;
                      symbols    {sym : num}*;
                      locks      {id : num}*;  {strict  ;}
                      { comment  {string}; }
                      { expand   {string}; }
                      { newphrase }*

       delta     ::=  num
                      date       num;
                      author     id;
                      state      {id};
                      branches   {num}*;
                      next       {num};
                      { newphrase }*

       desc      ::=  desc       string

       deltatext ::=  num
                      log        string
                      { newphrase }*
                      text       string

       num       ::=  {digit | .}+

       digit     ::=  0 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9

       id        ::=  {num} idchar {idchar | num}*

       sym       ::=  {digit}* idchar {idchar | digit}*
       ードでは、可視文字のコードが 041-176 と 240-377 で、空白文
       字のコードが 010-015 と 040 です。

       date  キーワードの後に現れる日時は Y.mm.dd.hh.mm.ss という
       書式で、それぞれ Y が年を、 mm が月 (01-12) を、 dd  が 日
       (01-31)  を、 hh が時 (00-23) を、 mm が分 (00-59) を、 ss
       が秒 (00-60) を表します。 Y は 1900 年から 1999 年までは年
       の 最後の 2 桁で表し、それ以降は年のすべての桁で表します。
       日付はグレゴリオ暦を用い、時刻は UTC (協定世界時) で表しま
       す。

       文法中の newphrase は RCS ファイル書式の今後の拡張のために
       予約されています。すでに使われているキーワード で は  new-
       phrase は始まりません。

       複 数の delta ノードが集まって、木を形成します。単一の組か
       らなる番号のノード (例えば 2.3, 2.1, 1.3 など) はすべて 幹
       (trunk) であり、降順で next フィールドを通してリンクされて
       います。 admin ノードの head フィールドは、このシーケン ス
       の 先頭 (head; すなわち最高位の組) を示します。 admin ノー
       ドの branch ノードは、ほとんどの RCS 操作が利用するデ フォ
       ルトの枝 (もしくはリビジョン) を示します。もしこれが存在し
       なければ、幹の最高位の枝が用いられます。

       2n 個 (n>=2) のフィールドからなる番号を持つ全 delta ノード
       ( 例えば 3.1.1.1, 2.1.2.2 など) は、次のようにリンクされま
       す。すなわち、先頭の 2n-1 個のフィールドの番号が等しい全ノ
       ードは、昇順で next フィールドを通してリンクされます。シー
       ケンス中の delta ノードの番号の先頭 2n-2 個分と等しい番 号
       を 持 つ  delta ノードは、そのシーケンスの分岐点と呼ばれま
       す。ノードの branches フィールドは、そのノードが分岐 点 と
       なっている全シーケンスに対し、最初のノード番号のリストを保
       持しています。このリストは昇順で並べられています。

       以下の図は RCS ファイルの構成の例を示しています。

















         /   \        /   \     |  2.1  |     /   \       /       \
        /     \      /     \    |       |    /     \     /         \
       /1.2.1.3\    /1.3.1.1\   |       |   /1.2.2.2\   /1.2.2.1.1.1\
       ---------    ---------   ---------   ---------   -------------
           ^            ^           |           ^             ^
           |            |           |           |             |
           |            |           v           |             |
          / \           |       ---------      / \            |
         /   \          |       \  1.3  /     /   \           |
        /     \         ---------\     /     /     \-----------
       /1.2.1.1\                  \   /     /1.2.2.1\
       ---------                   \ /      ---------
           ^                        |           ^
           |                        |           |
           |                        v           |
           |                    ---------       |
           |                    \  1.2  /       |
           ----------------------\     /---------
                                  \   /
                                   \ /
                                    |
                                    |
                                    v
                                ---------
                                \  1.1  /
                                 \     /
                                  \   /
                                   \ /



作者

       Author:  Walter  F.   Tichy,   Purdue   University,   West
       Lafayette, IN, 47907.
       Manual Page Revision: 1.5.2.1; Release Date: 2001/07/22.
       Copyright (C) 1982, 1988, 1989 Walter F. Tichy.
       Copyright  (C)  1990,  1991,  1992,  1993, 1994, 1995 Paul
       Eggert.


関連項目

       rcsintro(1), ci(1), co(1), ident(1), rcs(1),  rcsclean(1),
       rcsdiff(1), rcsmerge(1), rlog(1)
       Walter  F.  Tichy,  RCS--A  System  for  Version  Control,
       Software--Practice  &  Experience  15,  7   (July   1985),
       637-654.



GNU                         2001/07/22                 RCSFILE(5)

ABELNET VPSサービス