phones(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

phones

前のページ 上に戻る 次のページ

phones


     イベートな電話番号が格納されます。このファイルは通常は読めませんので、特
     権情報を格納することができます。このファイルのフォーマットは、次の形式の
     一連の行です: <システム名>[ \t]*<電話番号>。システム名は remote(5) ファイ
     ルで定義されているものの 1 つであり、電話番号は ``,'' もしくは行末で終わ
     る任意の文字列からなります。 ``='' および ``*'' の文字は、(交換機を通す場
     合) 一旦停止して次のダイヤルトーンを待つように自動電話機能に指示します。
     ``='' は DF02-AC にて必要ですし、``*'' は BIZCOMP 1030 にて必要です。

     1 行には 1 つの電話番号のみ記述可能です。しかしながら、ファイル中に同じシ
     ステム名が含まれる場合、 tip(1) は接続を確立するまで順番に各番号にダイヤ
     ルしようとします。


関連ファイル

     /etc/phones


関連項目

     tip(1), remote(5)


歴史

     phones ファイルは 4.2BSD に登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 5, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス