pbm(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

pbm

前のページ 上に戻る 次のページ

pbm


     ーマットです。元々は、異なったタイプのマシン間で、ビットマップ転送には適
     さないネットワークメーラを使用して、ビットマップをメールで受け渡しする妥
     当な方法としてデザインされました。現在は、多くのビットマップ変換フィルタ
     群の共通語として使用されています。定義を以下に示します:

     o   ファイルタイプを識別するための "マジックナンバ"。 pbm ファイルのマ
         ジックナンバは "P1" の 2 文字です。
     o   空白 (複数のブランク・TAB・CR・LF から成ります)。
     o   幅を ASCII 10 進数で表記します。
     o   空白。
     o   高さを ASCII 10 進数で表記します。
     o   空白。
     o   幅 * 高さの数のビット。各ビットは '1' または '0' で表し、ビットマップ
         左上角を起点として通常の英語を読む向きに連続します。
     o   文字 '1' は黒を、'0' は白を表します。
     o   ビット部の空白は無視されます。
     o   "#" から行末までの文字列は無視されます (コメント)。
     o   長さが 70 文字を越える行は許されません。

     以下に、このフォーマットでの小さなビットマップの例を示します:

     P1
     # feep.pbm
     24 7
     0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
     0 1 1 1 1 0 0 1 1 1 1 0 0 1 1 1 1 0 0 1 1 1 1 0
     0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 1 0
     0 1 1 1 0 0 0 1 1 1 0 0 0 1 1 1 0 0 0 1 1 1 1 0
     0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0
     0 1 0 0 0 0 0 1 1 1 1 0 0 1 1 1 1 0 0 1 0 0 0 0
     0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

     このフォーマットを読むプログラムは可能な限り寛大になるべきで、少しでも
     ビットマップのように見えるものはなんでも受け付けるべきです。

     このフォーマットには派生形式があり、 RAWBITS オプションをコンパイル時に
     セットすることで利用可能です。この派生形式は、以下の点が異なります:

     o   "マジックナンバ" が "P1" ではなく "P4" です。
     o   8 ビットが 1 バイトに格納されます。上位ビットが先で下位ビットが後にな
         ります。
     o   ビット部には空白は許されませんし、高さの後には単一の空白 (通常は改行)
         のみが許されます。
     o   ファイルは 1/8 の大きさになり、読み書きが何倍も高速になります。


作者

     Copyright (C) 1989, 1991 by Jef Poskanzer.

FreeBSD 4.4                   September 27, 1991                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス