netgroup(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

netgroup

前のページ 上に戻る 次のページ

netgroup




解説

     netgroup ファイルはネットワークへの同じようなアクセス権を与えられた
     (host, user, domain) の形式の値の組を指定します。

     このファイル中のそれぞれの行は、ネットグループ名とそれに続くネットグルー
     プのメンバリストで構成されます。それぞれのメンバは、他のネットグループ名
     か、次のような値の組にする事ができます。

           (host, user, domain)

     ここで host, user, domain は、それぞれの構成要素に対応する文字列名です。
     コンマで区切られたフィールドはどれも、空にする事で ``ワイルドカード''
     を、 ``-'' にする事で ``値無し'' を指定する事ができます。メンバリストは空
     白またはコンマで区切る事ができ、文字 ``\'' を行の最後に使う事によって行を
     継続できます。 1 行は 1024 文字までに制限されています。 netgroup データベ
     ースにアクセスするためには、通常 getnetgrent(3) の中の関数が使われます。

     # で始まる行はコメントとして扱われます。


NIS/YP の相互作用

     他の多くのプラットフォームでは、 netgroup はもっぱら NIS と一緒に用いら
     れ、ローカルの /etc/netgroup ファイルは無視されます。 FreeBSD では NIS か
     ローカルファイルの netgroup のどちらかを使うようにする事が出来ます。しか
     し、この機能は慎重に使うべきです。現在の netgroup システムは、 innetgr(3)
     を用いた照会に関する部分が極めて非効率です。これは、問い合わせのあったそ
     の場で netgroup のメンバ情報を計算するためです。それに比べて、 NIS の
     netgroup データベースは innetgr(3) が素早く照会を完了させるためのキー項目
     を持った 3 つのマップ (netgroup と netgroup.byuser と netgroup.byhost) に
     よって構成されています。 FreeBSD の netgroup システムは、次の方法で NIS
     の netgroup マップと互いに作用し合う事が出来ます:

           o   もし /etc/netgroup ファイルが存在しなかった場合、または存在して
               も空の場合、または存在しても `+' しか書かれていない場合で、これ
               らのいずれかの場合に加えて NIS が動いている場合は、 netgroup は
               NIS だけを使って照会を行ないます。このとき、 innetgr(3)
               は、netgroup.byuser マップと netgroup.byhost マップを最大限に利
               用して高速検索を行ないます (これは、SunOS とそれに類するプラッ
               トホームの実装とほとんど同じです) 。

           o   もし /etc/netgroup が存在し、かつローカルの netgroup 情報のみを
               含んでいる ( NIS の `+' がない) 場合、そのローカルの netgroup
               情報のみが使用されます ( NIS の情報は無視されます)。

           o   もし、 /etc/netgroup が存在し、かつローカルの netgroup データ
               および NIS の `+' トークンの両方が含まれている場合、ローカルの
               データと NIS の netgroup マップは 1 つにつながれた netgroup デ
               ータベースの様に処理されます。この構成は最も柔軟ですが、最も非
               効率です。特に、このデータベースが大きい場合は innetgr(3) によ
               る照会は極端に遅くなります。


関連ファイル

     netgroup データベースは逆引きスピードアップのため、 passwd(5) の様にハッ
     シュ化された db(3) データベースに格納されるべきです。

FreeBSD 4.4                    December 11, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス