mh-sequence(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mh-sequence

前のページ 上に戻る 次のページ

mh-sequence



SYNOPSIS

       ほとんどの MH コマンド


DESCRIPTION

       ほとんどの MH コマンドは、`msg' または `msgs' という指定を
       受け付けます。ここで、`msg' は一つのメッセージ、`msgs'  は
       一つまたはそれ以上のメッセージを意味します。メッセージを呼
       び出すためには、その番号(例えば 1、10、234)または、以下 の
       予約メッセージ名が使えます。

            名前      説明
            first     フォルダ内の最初のメッセージ
            last      フォルダ内の最後のメッセージ
            cur       一番最近にアクセスされたメッセージ
            prev      番号的に "cur" の前のメッセージ
            next      番号的に "cur" の次のメッセージ

       `msg'  引数が使えるコマンドでは、デフォルトは "cur" です。
       短縮形として "." が "cur" と同じ意味があります。

       例えば、5、10、94、177、325 の五つのメッセージが存在 す る
       フォルダに於いては、 "first" は 5 で、"last" は 325 です。
       もし "cur" が 94 の時は、"prev" は 10 で、"next" は 177 に
       なります。

       `msgs'  は一つまたはそれ以上のメッセージが指定される事を意
       味します。このような場合は、一つのメッセージを指定するか、
       いくつかのメッセージをスペースで区切って指定する事が出来ま
       す。メッセージの指定は上述のメッセージ名(メッセージ番号 ま
       たは予約メッセージ名)か、メッセージ範囲で行ないます。

       メッ セージ範囲は "name1-name2" または "name:n" という形式
       で指定されます。ここで `name'、`name1' そして `name2'   は
       メッセージ名、そして `n' は整数です。

       "name1-name2" という指定は `name1' から `name2' までの間に
       実在する全てのメッセージを意味します。メッセージ 名  "all"
       はメッセージ範囲 "first-last" の省略形として認識されます。

       "name:n" という指定は `n' 個までのメッセージを意味します。
       これらのメッセージは `name' がメッセージ番号または予約メッ
       セージ名 "first"、"cur"、"next" のうちのどれかである場合は
       `name'   か ら 始 ま ります。また、`name' が "prev" または
       "last" である場合は `name' で終ります。 `n' の解釈 は  `n'
       の前にプラスまたはマイナス記号が付くと変わります。 `+n' は
       常に、`name' から始まる `n' 個までのメッセージ、 `-n' は常
       に、`name' で終わる `n' 個までのメッセージを意味します。

       `msgs' 引数を受け付けるコマンドでは、デフォルトは "cur" ま
       たは "all" で、それぞれのコマンドの持つ意味によって変わ り
       ま す  (詳細はそれぞれのコマンドのマニュアルを参照して下さ
       い)。繰り返し同じメッセージが指定された場合は、それはそ の
       来ます。

       ユーザー定義シーケンスではメッセージ範囲指定のいくつかの形
       式が使えます。 "name:n" 形式が使え、ユーザー定義シーケンス
       `name' の要素である最初の `n' 個までのメッセージ (あるいは
       `-n'   に 対しては最後の `n' 個までのメッセージ)を意味しま
       す。

       "name:next" と "name:prev" という形式も使え、ユーザー定 義
       シ ーケンス `name' の要素の中で、(カレント・メッセージから
       見て) 次、または前のメッセージを意味します。  "name:first"
       と  "name:last"   と い う 指 定 は、 それぞれ "name:1" と
       "name:-1" と同じ意味です。 "name:cur" という形式は使えませ
       ん (代わりに "cur" そのものを使いましょう)。これらのメッセ
       ージ範囲指定の文法に関しては、将来変更される必要があ り ま
       す。

       ユーザー定義シーケンス名はそれぞれのフォルダ特有です。これ
       らは pickmark コマンドを使って定義します。


   B>パB>ブB>リB>ッB>クB>・B>シB>ーB>ケB>ンB>スB>とB>プB>ラB>イB>ベB>ーB>トB>・B>シB>ーB>ケB>ンB>ス
       シーケンスには、パブリック・シーケンスとプライベート・シー
       ケンスの二つがあります。パブリック・シーケンスは、そのフォ
       ルダを読む事が出来る全ての MH ユーザーが利用できるもので、
       シ ーケンス情報は、そのフォルダ内の .mh_sequences ファイル
       に保存されます。プライベート・シーケンスは、それを定義した
       MH  ユーザーだけが利用できるもので、シーケンス情報は、その
       ユーザーの MH コンテクスト・ファイルに保存されます。デフォ
       ルトでは pickmark は、そのシーケンスが定義されるフォル
       ダがその MH ユーザーに取って書き込み可能なら、パブリック・
       シーケンスを作ります。さもなくば、プライベート・シーケンス
       が作られます。これは mark コマンドに  `-public'   ま た は
       `-private' オプションを指定する事で置き換え可能です。

       パブリック・シーケンスとプライベート・シーケンスの違いは、
       それが実際に他の MH ユーザーに見られるかどうかとは関係ない
       事に注意して下さい。パブリック・シーケンスでも、そのフォル
       ダのディレクトリ・モードがアクセス不許可なら見られま せ ん
       し、たとえシーケンスが見られても、メッセージが読み出し不許
       可なら、そのシーケンスに属するメッセージは見られません。


   B>否B>定B>シB>ーB>ケB>ンB>ス
       MH は、ユーザー定義シーケンスの要素でない全てのメッセー ジ
       を指定できる方法を提供しています。これをするためにはユーザ
       ーは MH プロファイルで "Sequence-Negation" エントリを指 定
       します。この値は任意の文字列です。この文字列は存在するユー
       ザー定義シーケンス名の前に置いて使用できます。この指定は指
       定のシーケンス名に属さないメッセージを意味します。例えば、
       プロファイル・エントリが以下の場合、

       "Previous-Sequence" が MH プロファイルで指定されていればよ
       いです。その値はシーケンス名またはスペースで区切られた複数
       のシーケンス名です。もしこのエントリが定義されてい る と、
       MH  コマンドが終了した時に、このエントリで指定されているシ
       ーケンス名をそのコマンドで指定されたメッセージで定義 し ま
       す。従って、以下のプロファイル・エントリは

            Previous-Sequence: pseq

       `msg' または `msgs' 引数を受け付ける全ての MH コマンドは、
       それが終了する時に、それらのメッセージで "pseq" シーケンス
       を定義します。

       B>注B>意: "Previous-Sequence" 仕様を使う場合には、実行速度が低
       下することがあり得ます。この機能を使うと、B>全B>てB>の MH プログ
       ラ ム は、それが実行される度に、フォルダ内の .mh_sequences
       ファイルにシーケンス情報を書き込まなければならないか ら で
       す。もし、"Previous-Sequence" プロファイル・エントリが定義
       されてない場合は、pickmark だけが .mh_sequences ファイ
       ルに書き込みます。


   B>未B>読B>シB>ーB>ケB>ンB>ス
       最後に、メッセージが既に読まれたものであるかどうかを示して
       欲しいと思う人もいることでしょう。この機能をサポートするた
       め  に  incshow   は プ ロ ファ イ ル・ エ ン ト リ
       "Unseen-Sequence" を見ます。 .mh_profile 内のこのエント リ
       は、一つあるいはそれ以上のシーケンス名をスペースで区切った
       ものであるべきです。もし、プロファイルの "Unseen-Sequence"
       に 値がある場合、 inc が新しいメッセージをフォルダに置く度
       に、その新しいメッセージはこのエントリの値が示すシーケンス
       に追加されます。従って、プロファイル・エントリが次のようだ
       と、

            Unseen-Sequence: unseen

       inc は新しいメッセージを "unseen" シーケンスに追加します。
       こ れは "Previous-Sequence" エントリの行動と似ていますが、
       このシーケンスは inc によって、消される事はありません ( 追
       加される一方です)。

       同 様に、 show (または nextprev)がメッセージを表示する
       度に、そのメッセージはプロファイルの "Unseen-Sequence"  エ
       ントリで示すシーケンスから削除されます。

       なお、未読シーケンスは、実際にユーザーがそのメッセージを見
       たかどうかを正確に示している訳ではない点に注意 し て 下 さ
       い。show (または nextprev)を使わずに、他の UNIX コマン
       ド等でそのメッセージを見た場合は、そのメッセージは未読シー
       ケンスからは削除されません。


       無し。


CONTEXT

       全て。



[mh.6]                        MH.6.8               MH-SEQUENCE(5)

ABELNET VPSサービス