mh-mail(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mh-mail

前のページ 上に戻る 次のページ

mh-mail



SYNOPSIS

       全ての MH コマンド


DESCRIPTION

       MH  は特定の形式のメッセージを処理します。 Bell のメーラー
       も Berkeley のメーラーも MH が好む形式のメッセージ・ファイ
       ル を作る訳ではありませんが、MH はそういった古い形式のメッ
       セージファイルも読むことが出来ます。

       post (8) によって処理されたメッセージは受取人のメ ー ル ド
       ロッ プ に集められますが、それぞれのユーザーはこのメールド
       ロップを処理します。 inc (1) はそのメールドロップを読 み、
       そ こ にある新しいメッセージをユーザー自身のメール・フォル
       ダ(典型的には `+inbox')へと取り込みます。メールドロップ は
       一つ以上のメッセージから成り立っています。

       メッ セージは RFC-822 形式になっていると期待されます。それ
       ぞれのメッセージは厳格に形式の定まった情報ブロックの 後 ろ
       に、 形 式の定まってない一般的なテキストが続くという構成に
       なっています。メッセージの最初の厳格な形式に従った部 分 を
       ヘッ ダ ーと呼び、その後の自由な形式の部分をボディと呼びま
       す。ヘッダーは必ず存在していなければなりませんが、ボディは
       なくても構いません。これら二つの部分は空行、すなわち、二つ
       の連続する改行文字で区切られます。 MH に於いては、ヘッダー
       と ボディは次のようにダッシュ(`-')で出来た行で分割されてい
       ても構いません。

            To:
            cc:
            Subject:
            --------

       ダッシュの行があっても、先に空行があれば、そこが区切りと見
       なされます。

       ヘッダーは一つまたはそれ以上のヘッダー項目から成り立ってい
       ます。それぞれのヘッダー項目は ASCII 文字から成る一つの 論
       理行として見る事が出来ます。もし、ヘッダー項目のテキストが
       数行に渡っている場合は、前の行から継続している行の先頭はス
       ペースまたはタブである事で区別されます。

       それぞれのヘッダー項目はコンポーネントと呼ばれ、キーワード
       と、それに続くテキストで成り立っています。キーワードは行の
       最 初 か ら 始まり、スペースやタブは含まれてはならず、コロ
       ン(`:')で終ります。コンポーネント(そのキーワードの名前で認
       識 される)には、それに続くテキストが厳格に定義された形式に
       従ってなければならないものもあります。

       形式が決まった大抵のコンポーネント (例 え ば  "Date:"   や
       "Message-Id:")  のテキストは自動的に作られます。ユーザーに
       よって入力されるべき唯一のものは、"To:" や "cc:" などの よ
       うなアドレス行です。 Internet アドレスは、メールボックスの
            に入った日時が含まれます。

       From:
            post (8) により追加されます。メッセージの作者のアドレ
            ス("Sender:" 行が存在する場合は、複数である場合もあり
            ます)が含まれます。返信は典型的には "Reply-To:" ま た
            は  "From:" 行のアドレスに向かいます(前者が存在する場
            合はそちらが優先されます)。

       Sender:
            メッセージに既に "From:" 行 が 存 在 し た 場 合 に、
            post (8) により追加されます。この行は実際の送り主のア
            ドレスが含まれます。返信は決して "Sender:" 行のアドレ
            スには送られません。

       To:
            主要な受取人のアドレスが含まれます。

       cc:
            補助的な受取人のアドレスが含まれます。

       Bcc:
            更 なる受取人のアドレスです。しかし "Bcc:" 行は、実際
            に配送されるメッセージにはコピーされませんので、こ れ
            ら の受取人は隠されます。 MH はメッセージを取り込んで
            送ります。send (1) を参照して下さい。

       Fcc:
            メッセージ転送システムへの受渡しが成 功 し た 場 合、
            post (8) が送り主のために、メッセージを指定のフォルダ
            にコピーします。

       Message-ID:
            `-msgid' オプションが指定された時に、post (8) が メッ
            セ ー ジ を一意的に識別出来るようにするものを追加しま
            す。

       Subject:
            差出人の注釈。これは scan (1) で表示されます。

       In-Reply-To:
            メッセージに返信する際に repl (1) によって付けられ る
            注釈的な行です。

       Resent-Date:
            メッ セージを再配布する際に post (8) によって付けられ
            ます。

       Resent-From:
            メッセージを再配布する際に post (8) によって付けら れ
            ます。

            再送されるメッセージをフォルダにコピーします。 "Fcc:"
            と "Resent-To:" を参照して下さい。

       Resent-Message-Id:
            `-msgid' オプションが指定された時に post (8) によって
            追加されるメッセージを一意的に識別出来るようにする も
            のです。 "Message-Id:" と "Resent-To:" を参照して下さ
            い。

       Resent:
            dist (1) を `-annotate' オプション付きで使った際に 付
            けられる注釈です。

       Forwarded:
            forw (1)  を `-annotate' オプション付きで使った際に付
            けられる注釈です。

       Replied:
            repl (1) を `-annotate' オプション付きで使った際に 付
            けられる注釈です。



FILES

       /var/mail/$USER                     メールドロップの位置


PROFILE COMPONENTS

       無し。


SEE ALSO

       Standard  for  the  Format  of ARPA Internet Text Messages
       (RFC-822)


DEFAULTS

       無し。


CONTEXT

       無し。



[mh.6]                        MH.6.8                   MH-MAIL(5)

ABELNET VPSサービス