mh-alias(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mh-alias

前のページ 上に戻る 次のページ

mh-alias



SYNOPSIS

       ほとんどの MH コマンド


DESCRIPTION

       これは MH の個人エイリアス・ファイルと、

            /usr/local/lib/mh/MailAliases

       という(第一)エイリアス・ファイルの両方について述べたもので
       す。メッセージ転送システムで使われるエイリアス・ファイルに
       ついて述べたものではありません。エイリアスファイルのそれぞ
       れの行は以下の形式をしています。

            alias : address-group
       または
            alias ; address-group
       または
            < alias-file
       または
            ; comment

       上記のキーワードの意味は以下の通りです。

            address-group  :=  address-list
                        |   "<" file
                        |   "=" UNIX-group
                        |   "+" UNIX-group
                        |   "*"

            address-list   :=  address
                        |   address-list, address

       エイリアス・ファイル中で、次の行に継続する行は、直後に改行
       文字がある `\' で終ります。

       上 記 で、alias-file   と  file は UNIX のファイル名です。
       UNIX-group は /etc/group で記述のあるグループ名(また は 番
       号)です。 address は単に Internet 形式のアドレスです。この
       ファイルの中では、ファイル名を除いて、大文字小文字は区別さ
       れません。

       `<' で始まる行は、`<' の後に書かれている名前のファイルが、
       さらにエイリアス・ファイルとして読まれます。このファイル読
       み込みは再帰的に行なわれますので、`<' は、エイリアス・ファ
       イルの最初に書いておけば期待される結果を得ます。

       もし、address-group が `<' で始まる場合、 `<' の後に書かれ
       ている名前のファイルが読まれ、その内容がそのエイリアスに対
       する address-list に追加されます。

       もし address-group が `=' で始まる場合、 /etc/group ファイ
       ル が参照され、 `=' の後に書かれているグループ名が決められ
       加されます。 mh-tailor (5) の everyone の項も参照して下 さ
       い。

       エイリアスについて、* が後ろに付いているものは、適切なもの
       にマッチします。 (後述する例を参照)

       配送の際のエイリアスの展開方法はだいたい次のような感じです
       (実際には完全にこの通りなのではありません)。

            1) メッセージから配送されるべき全てのアドレスのリスト
            を作り、重複したアドレスを除きます。

            2) もし、このドラフトがローカルホストで出来たも の な
            ら、 メッセージ中のこれらのアドレスで、ホストが指定さ
            れてないものに関してエイリアス解決をします。

            3) エイリアス・ファイルのそれぞれ の 行 に つ い て、
            "alias"  が、全ての存在するアドレスと比較されます。比
            較した際に、"alias" に一致したものはアドレス・リス ト
            から除かれます。そして、その address-group のそれぞれ
            のアドレスを、それがまだリストにない場合は、追加し ま
            す。通常、alias 自身は出力されず、その alias が指し示
            す address-group が代わりに出力されます。しかし、もし
            "alias"  が `:' の代わりに `;' で終わっている場合は、
            "alias" とアドレスの両方が正しい形式で出力されま す。
            (MH  エイリアスや個人エイリアスはメール転送システムに
            知られていないので、これによって返送が可能に な り ま
            す。)

       エイリアス・ファイルは一行ずつ順番に読まれるので、前方参照
       は可能ですが、後方参照は認識されません。つまり再帰的ではあ
       りません。エイリアスの定義にエイリアスを使う場合、そのエイ
       リアスは後から定義されなければならないという事です。

       B>例:
            </usr/local/lib/mh/BBoardAliases
            sgroup: fred, fear, freida
            b-people: Blind List: bill, betty;
            fred: frated@UCI
            UNIX-committee: <unix.aliases
            staff: =staff
            wheels: +wheel
            everyone: *
            news.*: news

       最 初 の 行 は す ぐ に、 さ ら な る エ イ リ  ア  ス  が
       /usr/local/lib/mh/BBoardAliases から読まれるべきである事を
       意味します。次の行は、"fred" は後に "frated@UCI" へのエ イ
       リ  ア ス と し て 定 義 さ れ て い ま す の で、"sgroup"
       は、"frated@UCI"、 "fear"、そして "freida" の三つの名前 へ
       のエイリアスです。

       り 大きい全てのユーザーと定義されています。そして、"news.<
       なんでもいい>" という形式の全てのエイリアスは "news" と 定
       義されています。

       MH のエイリアスを理解するための鍵は、MH エイリアス・ファイ
       ルに書かれているエイリアスが、配送されるメッセージのヘッダ
       ーへと展開されるという事です。このエイリアス展開は配送時の
       最初に、メッセージ転送システムについて何も知らずに起こりま
       す。これに対して、一旦、メッセージ転送システムが、配送すべ
       きメッセージを受けとると、ローカルに見える全てのアドレスは
       システムのエイリアス・ファイルが参照されます。これらのエイ
       リアスは配送されるメッセージのヘッダー自体は展開しません (
       エンベロープだけが展開されるという意味です)。


HELPFUL HINTS

       MH でエイリアス展開を速くするためには次のようにします。

            ま ず、.mh_profile   で、エイリアスファイル名を選びま
            す。例えば "aliases" なら、次のような行を追加します。

                 Aliasfile: aliases

            次 に、MH ディレクトリ内に "aliases" というファイルを
            作ります。

            最後に、"aliases" ファイルに適切なエイリアスを追加 し
            ます。


FILES

       /usr/local/lib/mh/MailAliases       第一エイリアス・ファイル


PROFILE COMPONENTS

       Aliasfile:           デフォルトのエイリアス・ファイル


SEE ALSO

       ali(1),   send(1),   whom(1),  group(5),  passwd(5),  con-
       flict(8), post(8)


DEFAULTS

       無し。


CONTEXT

       無し。


HISTORY

       MH の以前のバージョンでは、ただ一つのシステム・ワ イ ド の
       mh-alias  ファイルのみが使えました。これは、システム管理者
       だけがエイリアスを定義出来るという点で、多くの問題がありま
       し た。 従っ て、mh-alias の意味は、複数の個人エイリアス・
       ファイルのサポートへと拡張されたのです。 MH のユーザーはも
       はや、システム・ワイドのエイリアス・ファイルの情報保守のた
       めにシステム管理者を煩わせる必要がなくなったのです。何故な

[mh.6]                        MH.6.8                  MH-ALIAS(5)

ABELNET VPSサービス