linprocfs(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

linprocfs

前のページ 上に戻る 次のページ

linprocfs




解説

     Linux プロセスファイルシステム、すなわち linprocfs は、Linux のプロセス
     ファイルシステムのサブセットをエミュレートします。いくつかの Linux バイナ
     リが完全動作するために必要です。

     linprocfs はプロセス空間の 2 つのレベルのビューを提供します。高いレベルで
     は、プロセスは、先頭に 0 の付かない 10 進数のプロセス ID に従って名前付け
     されます。また、調査要求を行っているプロセスを常に参照する、 self と呼ば
     れる特別なノードも存在します。

     各ノードは以下の項目を含むディレクトリです:

     各ディレクトリはいくつかのファイルを含んでいます:

     exe     プロセステキストが読まれた vnode への参照。これはプロセスのシンボ
             ルテーブルへのアクセスを得るか、またはプロセスのもう 1 つのコピー
             を始めるために使われます。

     mem     プロセスの完全な仮想メモリイメージ。プロセス中に存在するアドレス
             のみにアクセス可能です。このファイルへ読み書きするとプロセスを修
             正します。テキストセグメントへの書き込みは、そのプロセスのみに留
             まります。

     各ノードはプロセスのユーザによって所有され、ユーザのプライマリグループに
     属します。 mem ノードは例外で、 kmem グループに属します。


関連ファイル

     /compat/linux/proc               linprocfs の標準マウントポイント。
     /compat/linux/proc/cpuinfo       人間が判読しやすい形式の、CPU のベンダと
                                      モデルに関する情報。
     /compat/linux/proc/meminfo       人間が判読しやすい形式の、システムのメモ
                                      リ情報。
     /compat/linux/proc/pid           プロセス pid のプロセス情報を含んだディ
                                      レクトリ。
     /compat/linux/proc/self          カレントプロセスのプロセス情報を含んだ
                                      ディレクトリ
     /compat/linux/proc/self/exe      実行形式イメージ
     /compat/linux/proc/self/mem      プロセスの完全な仮想アドレス空間


関連項目

     mount(2), unmount(2), procfs(5), mount_linprocfs(8)


作者

     linprocfs は、 Pierre Beyssac によって procfs から作られました。このマ
     ニュアルページは、 Garrett Wollman が書いた procfs(5) マニュアルページに
     基づいて、 An Dag-Erling Smorgrav が書きました。


歴史

     linprocfs は FreeBSD 4.0 ではじめて登場しました。

FreeBSD 4.4                     August 10, 1994                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス