keymap(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

keymap

前のページ 上に戻る 次のページ

keymap




解説

     kbdmap ファイルには、キーボード上のキーがどのように振る舞うべきかが記述さ
     れています。これらのファイルは kbdcontrol(1) によって読み込むこともできま
     すし、 kbdmap(1) によってデフォルトの kbdmap ファイルを対話的に選択するこ
     ともできます。 kbdmap ファイルはブート時に読み込まれるように rc.conf(5)
     に指定することもできます。また kbdcontrol(1) を使って現在のキーマップを出
     力することもできます。

     ファイルの各行には、キーまたはアクセントを記述します。 `#' 記号は行末まで
     コメントを表します。

     キーの記述は、そのキーのスキャンコードから始めます。その後にシフトキー、
     コントロールキー、オルトキーと組み合わせた時の結果を次の順番で記述します:
     無修飾、シフト、コントロール、コントロールとシフト、オルト、オルトとシフ
     ト、オルトとコントロール、オルトとコントロールとシフト。それぞれの修飾キ
     ーと組み合わせた時のアクションは、以下を指定できます:

     'symbol'      キーが生成すべき記号をシングルクォートでくくって指定しま
                   す。

     decnum        生成する ASCII コードを 10 進数で指定します ( ascii(7) 参
                   照)。例えばスペースには 32 を指定します。

     0xhexnum      生成する ASCII コードを 16 進数で指定します。例えばスペース
                   には 0x20 を指定します。

     ctrlname      ASCII コントロール文字の標準の名称を一つ指定します: nul,
                   soh, stx, etx, eot, enq, ack, bel, bs, ht, nl, vt, np, cr,
                   so, si, dle, dc1, dc2, dc3, dc4, nak, syn, etb, can, em,
                   sub, esc, fs, gs, rs, ns, us, sp, del。

     accentname    アクセントの名称を指定することで、次に押すキーがそのアクセ
                   ントに対応する文字を生成します。後述のアクセントの記述を参
                   照してください。アクセントの名称は以下です: dgra, dacu,
                   dcir, dtil, dmac, dbre, ddot, duml, ddia, dsla, drin, dced,
                   dapo, ddac, dogo, dcar。

     fkeyN         N 番目のファンクションキーとして振る舞います。ここで N は
                   10 進数です。

     lshift        左シフトキーとして振る舞います。

     rshift        右シフトキーとして振る舞います。

     clock         キャプスロックキーとして振る舞います。

     nlock         数値ロックキーとして振る舞います。

     slock         スクロールロックキーとして振る舞います。

     lalt|alt      左オルトキーとして振る舞います。

     lshifta|shifta
                   左シフトキー/オルトロックキーとして振る舞います。 (訳注 他
                   のキーと一緒に押された時はシフトキー、単独で押された時はオ
                   ルトロックキーとなります。)

     rshifta       右シフトキー/オルトロックキーとして振る舞います。 (訳注
                   lshifta 参照)

     lctrla|ctrla  左コントロールキー/オルトロックキーとして振る舞います。 (訳
                   注 他のキーと一緒に押された時はコントロールキー、単独で押さ
                   れた時はオルトロックキーとなります。)

     rctrla        右コントロールキー/オルトロックキーとして振る舞います。 (訳
                   注 lctrla 参照)

     lalta|alta    左オルトキー/オルトロックキーとして振る舞います。 (訳注 他
                   のキーと一緒に押された時はオルトキー、単独で押された時はオ
                   ルトロックキーとなります。)

     ralta         右オルトキー/オルトロックキーとして振る舞います。 (訳注
                   lalta 参照)

     nscr          次のスクリーンへの切替キーとして振る舞います。

     pscr          前のスクリーンへの切替キーとして振る舞います。

     scrN          N 番目のスクリーンへの切替キーとして振る舞います。ここで N
                   は 10 進数です。

     boot          マシンをリブートします。

     halt          マシンを停止します。

     pdwn          マシンを停止し電源を落します。

     debug         デバッガを起動します。

     susp          APM を使いサスペンドします。

     saver         スプラッシュ画面とテキスト画面をトグルしてスクリーンセーバ
                   を有効にします。

     panic         システムをパニックさせます。

     最後に、キーの記述を完了するために、キャプスロックと数値ロックが押された
     時の結果を記述するフラグを指定します。キャプスロックがそのキーに影響する
     ことを示すには `C' を、数値ロックがそのキーに影響することを示すには `N'
     を、キャプスロックと数値ロックの両方がそのキーに影響することを示すには
     `B' を、そしてどちらも影響しない時は `O' を指定します。

     アクセントキーは、次に押されたキーの振る舞いを装飾するよう働きます。アク
                        ( 'i' 236 ) ( 'I' 204 ) ( 'o' 242 ) ( 'O' 210 )
                        ( 'u' 249 ) ( 'U' 217 )
     この引用部は UK キーボード上で抑音記号キーとして振る舞うバックティックキ
     ーを設定しています。バックティックキーの後にスペースキーを押すとバック
     ティックを生成し、バックティックの後に母音を押すと抑音記号付きの母音に対
     応する ISO-8859-1 の記号を生成します。


関連ファイル

     /usr/share/syscons/keymaps/*  標準キーボードマップファイル


関連項目

     kbdcontrol(1), kbdmap(1), keyboard(4), syscons(4), ascii(7)


歴史

     このマニュアルページは FreeBSD 4.2 で初めて登場しました。

FreeBSD 4.4                   September 11, 2000                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス