keycap(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

keycap

前のページ 上に戻る 次のページ

keycap




解説

     keycap ファイルはキーボードマッピングを記述するデータベースで、 kcon(1)
     が用います。

     keycap のエントリは `:' で区切られた多数のフィールドからなります。各マッ
     ピングの最初のエントリは、そのマッピングの名称として認識される名前を、文
     字 `|' で区切って並べたものです。最初と最後以外の全ての名前は全部小文字
     で、空白文字を含まない必要があります。最後の名前は可読性を高めるために、
     大文字や空白文字を含めることができます。


ケーパビリティ

     B>名B>称      B>型        B>解B>説
     de        bool      キーボードマッピングをコンパイル時に入れたデフォルト
                         にリセットする
     D<n>      bool      キー <n> を完全に使用不可にする

     m<n>      num       ALT キーのキー番号を指定する
     l<n>      num       ALTGR キーのキー番号を指定する
     h<n>      num       SHIFT キーのキー番号を指定する
     t<n>      num       CONTROL キーのキー番号を指定する
     ca<n>     num       CAPS LOCK キーのキー番号を指定する
     sh<n>     num       SHIFT LOCK キーのキー番号を指定する
     nl<n>     num       NUM LOCK キーのキー番号を指定する
     sc<n>     num       SCROLL LOCK キーのキー番号を指定する

     K<n>      str       シフトなし (通常) のキーに文字列を対応させる
     S<n>      str       シフト (SHIFT キーと同時に押す) 時のキーに文字列を対
                         応させる
     C<n>      str       CONTROL キーと同時に押したときの文字列を対応づける
     A<n>      str       ALTGR キーと同時に押したときの文字列を対応づける

     tc        str       指定箇所以外が同じマップを持つエントリ - 最後に指定す
                         る必要があります。

     キー番号を記述するパラメータ <n> は 1 から 128 までの番号を取ることができ
     ます。

     文字列パラメータは 15 文字までの値を取ることができます。

   B>エB>ンB>トB>リB>のB>例
     以下のエントリはテスト用のエントリ記述で、 keycap ファイルの中のごく単純
     なエントリ記述の1つに、この記述通りのものが存在します。

     tt|test|Test entry which swaps y and z:\
             :K22=z:S22=Z:C22=\032:\
             :K46=y:S46=Y:C46=\031:

     行の最後に \ を置くことによって、エントリを複数行に続けることができます。
     コメントは ``#'' で始まる行に含めることができます。


関連ファイル

     させます。

FreeBSD 4.4                     January 3, 1993                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス