ipsend(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ipsend

前のページ 上に戻る 次のページ

ipsend



解説

       ipsend プログラムは、-L オプションが付くと、以下の文法に適
       合するテキストファイルを入力として期待します。この文法の目
       的は、 IP パケットを任意の方法でカプセル化可能とする限り、
       任意の方法で IP パケットを指定することにあります。


文法

       line ::= iface | arp | send | defrouter | ipv4line .

       iface ::= ifhdr "{" ifaceopts "}" ";" .
       ifhdr ::= "interface" | "iface" .
       ifaceopts ::= "ifname" name | "mtu" mtu | "v4addr" ipaddr |
                  "eaddr" eaddr .

       send ::= "send" ";" | "send" "{" sendbodyopts "}" ";" .
       sendbodyopts ::= sendbody [ sendbodyopts ] .
       sendbody ::= "ifname" name | "via" ipaddr .

       defrouter ::= "router" ipaddr .

       arp ::= "arp" "{" arpbodyopts "}" ";" .
       arpbodyopts ::= arpbody [ arpbodyopts ] .
       arpbody ::= "v4addr" ipaddr | "eaddr" eaddr .

       bodyline ::= ipv4line | tcpline | udpline | icmpline | dataline .

       ipv4line ::= "ipv4" "{" ipv4bodyopts "}" ";" .
       ipv4bodyopts ::= ipv4body [ ipv4bodyopts ] | bodyline .
       ipv4body ::= "proto" protocol | "src" ipaddr | "dst" ipaddr |
                 "off" number | "v" number | "hl" number| "id" number |
                 "ttl" number | "tos" number | "sum" number | "len" number |
                 "opt" "{" ipv4optlist "}" ";" .
       ipv4optlist ::= ipv4option [ ipv4optlist ] .
       ipv4optlist = "nop" | "rr" | "zsu" | "mtup" | "mtur" | "encode" | "ts" |
                  "tr" | "sec" | "lsrr" | "e-sec" | "cipso" | "satid" |
                  "ssrr" | "addext" | "visa" | "imitd" | "eip" | "finn" |
                  "secclass" ipv4secclass.
       ipv4secclass := "unclass" | "confid" | "reserv-1" | "reserv-2" |
                 "reserv-3" | "reserv-4" | "secret" | "topsecret" .

       tcpline ::= "tcp" "{" tcpbodyopts "}" ";" .
       tcpbodyopts ::= tcpbody [ tcpbodyopts ] | bodyline .
       tcpbody ::= "sport" port | "dport" port | "seq" number | "ack" number |
                "off" number | "urp" number | "win" number | "sum" number |
                "flags" tcpflags | data .

       udpline ::= "udp" "{" udpbodyopts "}" ";" .
       udpbodyopts ::= udpbody [ udpbodyopts ] | bodyline .
       udpbody ::= "sport" port | "dport" port | "len" number | "sum" number |
                data .

       icmpline ::= "icmp" "{" icmpbodyopts "}" ";" .
                 "filter-prohib" | "host-preced" | "cutoff-preced" .
       redirtype ::= "net-redir" | "host-redir" | "tos-net-redir" |
                  "tos-host-redir" .
       timextype ::= "intrans" | "reass" .
       paramptype ::= "optabsent" .

       data ::= "data" "{" databodyopts "}" ";" .
       databodyopts ::= "len" number | "value" string | "file" filename .

       icmpechoopts ::= "icmpseq" number | "icmpid" number .


コマンド

       パケットの送信や、パケットの定義の前に、送信する際に用いる
       インタフェースを記述する必要があります。

       interface
              こ れは、ネットワークインタフェースを記述するために
              用います。ここに含まれる記述では、オペレーティン グ
              シ ステムが採用している実際のコンフィギュレーション
              と一致させる必要はありません。

       send   これは、実際にネットワークを越えてパケットを送信 す
              る ために用います。終点が指定されない場合、そのネッ
              トワークに、ルーティングなしで終点に向けて 直 接 パ
              ケットを送出します。

       router これは、ipsend が使うデフォルトルータを、カーネルが
              扱うデフォルト経路とは別に指定します。

       ipv4   これは (バージョン 4 の) IP パケット を 記 述 し ま
              す。IP ヘッダフィールドを、オプションも含めて、さら
              に先のプロトコルヘッダを含むデータセクションを続 け
              て指定することも出来ます。


IPV4

       hl <number>
              これは、手動で IP ヘッダ長を指定します (IP オプショ
              ンの存在により自動的に修正されます。デフォ ル ト は
              5)。

       v <number>
              IP バージョンを設定します。デフォルトは 4 です。

       tos <number>
              こ れは、サービスの型 (Type Of Service, TOS) を設定
              します。デフォルトは 0 です。

       len <number>
              IP パケットの長さを手動で指定します。データやプロト
              コ ルヘッダを収容できるように、長さは自動的に調整さ
              れます。

              設定しない (0) ままだと、送信前に計算されます。

       src     手動で IP ヘッダの始点アドレスを指定します。これを
              設定しないままだと、ホストの IP アドレスをデフォ ル
              トとします。

       dst    これは、IP パケットの終点を設定します。デフォルトは
              0.0.0.0 です。

       opt    これは、IP ヘッダの IP オプションを指定するために用
              います。

       tcp     これは、TCP プロトコルヘッダが後続することを示すた
              めに用います。TCP ヘッダのオプションについては、TCP
              を参照してください。

       udp     これは、UDP プロトコルヘッダが後続することを示すた
              めに用います。UDP ヘッダのオプションについては、UDP
              の節を参照してください。

       icmp   これは、ICMP プロトコルヘッダが後続することを示すた
              めに用います。ICMP ヘッダのオプ ショ ン に つ い て
              は、ICMP の節を参考にしてください。

       data   これは、IP パケットに生データが含まれることを示すた
              めに用います。指定可能なオプションの詳細に つ い て
              は、B>デB>ーB>タ の節を参考にして下さい。


IPv4 のオプション

       これらのキーワードは、対応する IP オプションを IP ヘッダに
       追加すべきことを表します (このときヘッダ長フィールドは適切
       に調節されます)。

       nop    無動作 (No Operation) [RFC 791] (埋め草として使いま
              す)。

       rr <number>
              経路記録 (Record Router) [RFC 791]。与えられた番 号
              は、 情報を保持するのに用いる領域の B>バB>イB>ト 数を指定
              します。ちゃんと動作させるには、この値は 4 の倍数に
              指定しておく必要があります。

       zsu    測定実験 (Experimental Measurement)。

       mtup [RFC 1191].
              最 大転送単位 (Maximum Transmission Unit, MTU) 探査
              (MTU Probe)。

       mtur [RFC 1191].
              最大転送単位レディ (MTU Ready)。

       encode
              791]。

       e-sec  拡張セキュリティ (Extended Security) [RFC 1108]。

       cipso  商用セキュリティ (Commercial Security)。

       satid  ストリーム ID [RFC 791]。

       ssrr <ip-address>
              厳密な始点経路制御 [RFC 791]。

       addext アドレス拡張 (Address Extension)。

       visa   実験的アクセス制御 (Experimental Access Control)。

       imitd  IMI 流量記述子 (IMI Traffic Descriptor)。

       eip    [RFC 1358]。

       finn   実験的フロー制御 (Experimental Flow Control)。


TCP

       sport <port>
              始点ポート番号を与えられた番号/名前で設定します。デ
              フォルトは 0 です。

       dport <port>
              終点ポート番号を与えられた番号/名前で設定します。デ
              フォルトは 0 です。

       seq <number>
              シ ーケンス番号を指定した数で設定します。デフォルト
              は 0 です。

       ack <number>
              応答番号を指定した数で設定します。デフォルトは 0 で
              す。

       off <number>
              デ ータ先頭からのオフセット値を指定した数で設定しま
              す。つまり TCP ヘッダの大きさを意味します。TCP オプ
              ショ ン が 含まれる場合、この値は自動的に修正されま
              す。デフォルトは 5 です。

       urp <number>
              緊急データポインタの値を指定した数で設定します。 デ
              フォルトは 0 です。

       win <number>
              TCP  ウィンドウの大きさを指定した数で設定します。デ
              フォルトは 4096 です。

       data   これ以後がデータセクションであり、ヘッダの後ろに 追
              加すべき生データが含まれることを示します。


TCP オプション

       TCP ヘッダには、いくつかのヘッダオプションを追加することが
       可能です。ヘッダの大きさが変わるにつれ TCP ヘッダオフ セッ
       ト は 自 動 的に更新されます。有効なオプションは、nop 無動
       作(No Operation), eol オプション リ ス ト の 終 り(End  Of
       (option)  List),  mss  [  size ] 最大セグメント長 (Maximum
       Segment Size - これはデータを含むパケットの受信可能な最 大
       長 を設定します), wscale ウィンドウスケール(Window Scale),
       ts タイムスタンプ(Timestamp) です。


UDP

       sport <port>
              始点ポート番号を与えられた番号/名前で設定します。デ
              フォルトは 0 です。

       dport <port>
              終点ポート番号を与えられた番号/名前で設定します。デ
              フォルトは 0 です。

       len <number>
              UDP ヘッダとデータの長さを手動で指定します。特に 設
              定 しなければ、今あるヘッダと今あるデータに合致する
              ように自動的に修正されます。

       sum <number>
              UDP 疑似ヘッダとデータに対するチェックサムを手動 で
              指定します。特に設定しなければ、デフォルトの 0 にな
              り、自動的に計算されます。

       data   これ以後がデータセクションであり、ヘッダの後ろに 追
              加すべき生データが含まれることを示します。


ICMP

       type <icmptype>
              こ れは icmptype タグにしたがって ICMP タイプを設定
              します。これは数値か認識されるタグのひとつです ( 認
              識 されるタグ名の一覧については、ICMP B>タB>イB>プ の節を
              参照のこと)。

       code <icmpcode>
              ICMP コードを設定します。

       data   これ以後がデータセクションであり、ヘッダの後ろに 追
              加すべき生データが含まれることを示します。


データ

       以下に示すものは、それぞれ異なったやり方でパケットを拡張し
       ます。 len は (内容は付加せずに) 単に長さを増やす だ け で
       す。value は文字列を使います。file はファイルを使います。
       file <filename>
              指定したファイルからデータを読み込み、今あるパ ケッ
              トに追加します。その結果の全長が 64k を越える場合、
              エラーとなります。


ICMP タイプ

       echorep
              エコー応答 (Echo Reply)。

       unreach [ unreachable-code ]
              汎用の到達不可能エラー。これは、ネットワークをま た
              い でパケットを伝送しようとしているうちにエラーが発
              生し、終点に到達できないことを示します。到達不可 能
              コード(unreachable-code)の名前は、 net-unr ネットワ
              ーク到達不可能 (network unreachable), host-unr ホス
              ト到達不可能 (host unreachable), proto-unr プロトコ
              ル到達不可能 (protocol unreachable), port-unr ポ ー
              ト 到達不可能 (port unreachable), needfrag, srcfail
              始点経路制御失敗  (source  route  failed),  net-unk
              ネットワーク不明 (network unknown), host-unk ホスト
              不明 (host unknown), isolate, net-prohib 管理上の理
              由 によりネットワーク接触禁止, host-prohib 管理上の
              理由によりホスト接触禁止, net-tos 指定した TOS   で
              ネッ トワーク到達不可能, host-tos 指定した TOS でホ
              スト到達不可能, filter-prohib パケットフィルタに よ
              り禁止されたパケット, host-preced, cutoff-preced で
              す。

       squench
              始点抑制 (Source Quence)。

       redir [ redirect-code ]
              (経路の) 方向転換 (Redirect (routing))。パケット を
              送 付するために選択された経路が最適といえないので、
              パケットの送信側が他の経路を経路指定すべきである こ
              と を 表すために用います。方向転換コード (redirect-
              code) の名前は、 net-redir ネットワークに到達するた
              めの方向転換, host-redir ホストに到達するための方向
              転換, tos-net-redir 与えられた TOS でネットワークに
              到 達 するための方向転換, tos-host-redir 与えられた
              TOS でホストに到達するための方向転換です。

       echo   エコー。

       routerad
              ルータの公示 (Router advertisment)。

       routersol
              ルータの請求 (Router solicitation)。

       timex [ timexceed-code ]
              全体時間経過済み (Time Exceeded)。道程が長過ぎて  (

       inforeq
              情報要求。

       inforep
              情報応答。

       maskreq
              アドレスマスク要求。

       maskrep
              アドレスマスク応答。


関連ファイル

       /etc/hosts
       /etc/protocols
       /etc/services


関連項目

       ipsend(1), iptest(1), hosts(5), protocols(5), services(5)



                                                        IPSEND(5)

ABELNET VPSサービス