hosts(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

hosts

前のページ 上に戻る 次のページ

hosts


     ホストに対して、1つの行に以下の情報を与えます。

           インターネットアドレス
           正式なホスト名
           別名

     各項目は任意の数の空白やタブ文字で区切られます。 ``#'' はコメントの開始を
     表し、これ以降の行末までの文字はこのファイルを検索するルーチンによって解
     釈されません。

     ネームサーバ named(8) 使用時には、このファイルはネームサーバが動作してい
     ない時の予備として機能します。ネームサーバのために、ごく少数のアドレスが
     このファイルに含まれていなければなりません。これらはブート時に
     ifconfig(8) が必要とするローカルインタフェースのアドレス、およびローカル
     ネットワーク上の少数のマシンを含みます。

     このファイルは Network Information Control Center (NIC) で保守された正式
     なホストデータベースから作成されますが、非公式な別名や未知のホストに関し
     ては、ローカルでの変更を最新に保つ必要があります。 NIC で保守されたデータ
     ベースは不完全なので、 DARPA インターネット上のサイトではネームサーバの使
     用が推奨されます。

     ネットワークアドレスは、インターネットアドレス操作ライブラリ inet(3)inet_addr(3) ルーチンを用いた伝統的な ``.'' (ドット) 表記で指定されます。
     ホスト名は、フィールド区切り文字、改行、およびコメント文字以外のあらゆる
     印字可能文字を含むことができます。


関連ファイル

     /etc/hosts  hosts ファイルは /etc に存在します。


関連項目

     gethostbyname(3), ifconfig(8), named(8)

     Name Server Operations Guide for BIND.


歴史

     hosts ファイルフォーマットは 4.2BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                    December 11, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス