group(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

group

前のページ 上に戻る 次のページ

group


     コードが 1 グループに対応し、コロン `:' で区切られた 4 つの欄から成りま
     す。これらの欄の意味は以下のとおりです:
           group     そのグループの名前。
           passwd    グループの 暗号化されたパスワード。
           gid       そのグループの 10 進数 ID。
           member    グループメンバ。

     最初の非空白文字がポンドサイン (#) である行はコメントであり、無視されま
     す。空白・タブ・改行のみからなる行は空行であり、これも無視されます。

     group 欄は、そのグループのメンバであるユーザにファイルアクセスを許可する
     ために用いる、グループの名前です。 gid 欄はそのグループ名に結び付けられた
     番号です。両者はファイルアクセスを制御しますので、システム (またしばしば
     複数システムの 1 グループ) 中で一意的である必要があります。 passwd 欄はな
     くてもいい 暗号化されたパスワードです。この欄はめったに用いられることはな
     く、通常ブランクにしておくよりもむしろアスタリスクが置かれます。 member
     欄は group の権利を許可されたユーザの名前を含んでいます。メンバ名は空白や
     改行なしにコンマで区切られます。ユーザの /etc/passwd エントリ中にグループ
     が指定されていれば自動的にそのグループに入ることになりますので、
     /etc/group ファイル中にそのユーザを追加する必要はありません。


YP/NIS との相互作用

     /etc/group ファイルは YP/NIS グループデータベースを有効にするように作成可
     能です。 C ライブラリ内部としては、 name 欄が 1 つのプラス符号 (`+') に続
     く 1 つのグループ名から成るエントリは、その名前のグループに対する YP/NIS
     グループエントリで置き換えられます。 name 欄が引き続いてグループ名を持た
     ない 1 つのプラス符号から成るエントリは、 YP/NIS の ``group.byname'' マッ
     プ全体で置き換えられます。

     何らかの理由で YP/NIS グループデータベースが有効になった場合、少数のグル
     ープのみが有効であるときですら、全ての逆検索 (すなわち getgrgid() ) では
     データベース全体を利用することになるでしょう。それ故、 getgrgid() が返す
     グループ名が正しい前方マッピングを持つことは保証できません。


制限

     様々な制限事項が該当する機能のところで説明されています。 関連項目の節を参
     照してください。

     古い実装においては、 1 つのグループは 200 以上のメンバを持つことはでき
     ず、 /etc/group の最大行長は 1024 文字でした。それより長い行は読み飛ばさ
     れました。この制限は FreeBSD 3.0 でなくなりました。静的にリンクされた古い
     バイナリ、古い共有ライブラリに依存する古いバイナリ、互換モードにおける非
     FreeBSD のバイナリには、まだこの制限があるかもしれません。


関連ファイル

     /etc/group


関連項目

     passwd(1), setgroups(2), crypt(3), getgrent(3), initgroups(3), yp(4),
     passwd(5)


バグ



ABELNET VPSサービス