forward(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

forward

前のページ 上に戻る 次のページ

forward


     ラムのリストを格納します。このファイルが存在しない場合には、メール転送は
     行なわれません。行頭に標準のシェルパイプシンボル (|) を付けることにより、
     メールはプログラムの標準入力として転送されます。引数をコマンドに渡す場合
     には、行全体をクォートで括る必要があります。セキュリティ上の理由で、
     .forward ファイルはメール送付先のユーザもしくは root が所有者である必要が
     あり、ユーザのシェルが /etc/shells にリストされている必要があります。

     例えば、 .forward ファイルが以下の行を含む場合:

           nobody@FreeBSD.org
           "|/usr/bin/vacation nobody"

     メールは <nobody@FreeBSD.org> に転送され、単一引数 nobody を伴なってプロ
     グラム /usr/bin/vacation に転送されます。

     ローカルユーザのアドレスの前にバックスラッシュ文字が付いている場合、メー
     ルは直接そのユーザのメールスプールファイルに配送され、更なる転送処理は回
     避されます。

     例えば、ユーザ chris の .forward ファイルに次の行を含む場合:

           chris@otherhost
           \chris

     メールの一方のコピーは chris@otherhost に転送され、もう一方のコピーはロー
     カルユーザ chris へのメールとして記録されます。


関連ファイル

     $HOME/.forward  ユーザによる転送指示


関連項目

     aliases(5), mailaddr(7), sendmail(8)

FreeBSD 4.4                      July 2, 1996                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス