editrc(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

editrc

前のページ 上に戻る 次のページ

editrc




解説

     editrceditline(3) ライブラリで使用されている様々な設定を定義します。

     それぞれの行のフォーマットは、
           prog:command [arg [...]]
     または
           command [arg [...]]
     のどちらかです。

     commandeditline(3) の組み込みコマンドのうちの 1 つです。より詳しい情
     報は 組み込みコマンドを参照してください。

     prog はプログラムが editline(3) をセットアップするために el_init(3) を呼
     び出す時に定義したプログラム名の文字列で、通常は argv[0] です。 commandprog にマッチする全てのプログラムに対しても実行されます。

     progregex(3) 形式の正規表現であってもよく、その場合 command はその正
     規表現にマッチする全てのプログラムに対して実行されます。


組み込みコマンド

     editline ライブラリはいくつかの組み込みコマンドがあり、行編集とヒストリ機
     能操作の方法に作用します。これらは tcsh(1) シェルに存在する似た名前の組み
     込みコマンドに基づいています。

     以下の組み込みコマンドが利用可能です。

     bind [-a] [-e] [-k] [-l] [-r] [-s] [-v] [key [command]]
           オプション無しでは、全ての割り当てられたキーと、それぞれが割り当て
           られた編集コマンドを表示します。もし key が与えられたら、 key に対
           する割り当てを示します。もし key command が与えられたら、 commandkey に割り当てます。含まれるオプションは、

           -e    全てのキーを GNU Emacs の標準に似た割り当てに割り当てます。

           -v    全てのキーを vi(1) の標準に似た割り当てに割り当てます。

           -a    vi(1) モードのもう 1 つ (コマンドモード) のキーマップにおける
                 キー割り当てを表示または変更します。

           -k    key は矢印記号キー名、 `up', `down', `left' または `right' の
                 うちの 1 つ、として解釈されます。

           -l    全ての編集コマンドとそれぞれの短い説明を表示します。

           -r    キーの割り当てを削除します。

           -s    command は文字列リテラルとして扱われ、 key がタイプされた時に
                 端末入力として扱われます。 command 中の割り当てられたキーは、
                 それ自身が再解釈され、これは 10 レベルの解釈まで継続されま
                 す。

           `\' は、次の文字に特別な意味があるならば、それを無効化します。特
           に、 `\' と `^' の特別な意味を無効化します。

     echotc [-sv] arg ...
           arg ... で与えられた端末能力を実行します。もし arg が `baud',
           `cols', `lines', `rows', `meta', `tabs' であればその能力の値が表示
           されます。 ``yes'' または ``no'' は、端末がその能力を持つのか持たな
           いのかを表します。

           -s を指定すると存在しない能力に対してエラーを起こすのではなく、空の
           文字列を返します。 -v を指定するとメッセージを冗長に表示します。

     history
           ヒストリを表示します。

     telltc
           全ての端末能力の値を表示します。 (termcap(5) 参照)。

     settc cap val
           termcap(5) で定義された端末能力 capval に設定します。正しさの
           チェックは行なわれません。

     setty [-a] [-d] [-q] [-x] [+mode] [-mode] [mode]
           editrc がどの tty モードの変更をユーザに許可しないかを制御します。
           -d, -q, -xsetty に対してそれぞれ `edit', `quote', `execute' tty
           モードセットにおいて働くことを示します。デフォルトでは -x です。

           他の引数がなければ、 setty は選択されたセットにおいて何が on
           (`+mode') または off (`-mode') に固定されているかを表示します。 -a
           は設定に関わらず選択されたセットにおける全ての tty モードを表示しま
           す。 +mode, -mode, mode, は選択されたセットにおいて mode を on また
           は off に固定すること、あるいは mode の制御を行なわないことを指定し
           ます。


関連項目

     editline(3), regex(3), termcap(5)


作者

     editline ライブラリは Christos Zoulas によって書かれ、このマニュアルはい
     くつかの節は tcsh(1) に影響されて、 Luke Mewburn によって書かれました。

FreeBSD 4.4                    January 11, 1997                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス