dhcp-options(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

dhcp-options

前のページ 上に戻る 次のページ

dhcp-options



解説

       動的ホスト設定プロトコル (DHCP: Dynamic Host Configuration
       Protocol) を使用することにより、クライアントは DHCP サーバ
       から、ネットワーク設定やネットワーク上で利用可能な様々なサ
       ービスについて記述している B>オB>プB>シB>ョB>ンを受け取ることがで き
       ま す。 dhcpd(8)dhclient(8) を設定するときに、オプショ
       ンを宣言することが多いでしょう。オプションを宣言する文法、
       そして宣言可能なオプションの名前と書式を、ここに文書化して
       います。


リファレンス: オプション文

       常に DHCP option 文は、キーワード option で開始し、単一 の
       オプション名が続き、オプションデータが続きます。オプション
       の名前とデータの書式は後述します。全 DHCP オプションを網羅
       的に指定する必要はありません。クライアントに必要なオプショ
       ンのみを指定する必要があります。

       オプションデータには、次のように様々な書式があります:

       ip-address データタイプは、明示的な IP アドレス ( 例 え ば
       239.254.197.10)   またはドメイン名 (例えば haagen.isc.org)
       のいずれかで指定可能です。ドメイン名で指定する場合、そのド
       メイン名を解決すると単一の IP アドレスになるようにしてくだ
       さい。

       int32 データタイプは符号付き 32 ビット整数を指定し ま す。
       uint32  データタイプは符号無し 32 ビット整数を指定します。
       int16 および uint16 のデータタイプは、符号付きおよび符号無
       し の 16 ビット整数を指定します。 int8 および uint8 のデー
       タタイプは、符号付きおよび符号無しの 8 ビット整数を指定 し
       ま す。符号無し 8 ビット整数は、オクテットと呼ばれることも
       あります。

       string データタイプは NVT ASCII 文字列を指定します。文字列
       は ダ ブルクォートで括る必要があります。例えば domain-name
       オプションを指定する文法は

            option domain-name "isc.org";
       となります。

       flag データタイプはブール値を指定します。ブール値は真ま た
       は偽のいずれかです (オンまたはオフの方が分かりやすければ、
       こちらでもかまいません)。

       data-string データタイプは、ダブルクォートで括られ る  NVT
       ASCII 文字列か、コロン区切りで 16 進数で指定されるオクテッ
       トの連続のいずれかを指定します。例えば次のようになります:

            option dhcp-client-identifier "CLIENT-FOO";
       または
            option dhcp-client-identifier 43:4c:49:45:54:2d:46:4f:4f;


       標準オプションを示します:

       option subnet-mask ip-address;

          サブネットマスクオプションは、 RFC 950 に従って、クライ
          ア ントのサブネットマスクを指定します。スコープ中のどこ
          にもサブネットマスクを指定しないと、最終手段として、 ア
          ド レスを割り当てようとしているネットワークに対するサブ
          ネット宣言から、 dhcpd はサブネットマスクを使用します。
          こ れに対し、アドレスを割り当てようとしているネットワー
          クのスコープ中のサブネットマスク宣言であれば どのような
          も のであっても、サブネット宣言におけるサブネットマスク
          指定に優先します。

       option time-offset int32;

          time-offset オプションは、協定世界時 (UTC) を基点 と し
          て、 クライアントのサブネットのオフセットを秒で指定しま
          す。

       option routers ip-address [, ip-address...  ];

          routers オプションは、クライアントのサブネット上にあ る
          ル ータの IP アドレスのリストを指定します。ルータは、優
          先されるものから順にリストしてください。

       option time-servers ip-address [, ip-address...  ];

          time-server オプションは、クライアントが利用可能な  RFC
          868  時刻サーバのリストを指定します。サーバは、優先され
          るものから順にリストしてください。

       option ien116-name-servers ip-address [, ip-address...  ];

          ien116-name-servers  オプションは、クライアントが利用可
          能な IEN 116 ネームサーバのリストを指定します。サ ー バ
          は、優先されるものから順にリストしてください。

       option domain-name-servers ip-address [, ip-address...  ];

          domain-name-servers は、クライアントが利用可能なドメ イ
          ン ネームシステム (STD 13, RFC 1035) ネームサーバのリス
          トを指定します。サーバは、優先されるものから順にリス ト
          してください。

       option log-servers ip-address [, ip-address...  ];

          log-server  オプションは、クライアントが利用可能な MIT-
          LCS UDP ログサーバのリストを指定します。サーバは、優 先
          されるものから順にリストしてください。

          impress-server   オプションは、クライアントが利用可能な
          Imagen Impress サーバのリストを指定します。サーバは、優
          先されるものから順にリストしてください。

       option   resource-location-servers   ip-address   [,   ip-
       address...  ];

          本オプションは、クライアントが利用可能な RFC 887 リソー
          ス ロケーションサーバのリストを指定します。サーバは、優
          先されるものから順にリストしてください。

       option host-name string;

          本オプションは、クライアントの名前を指定します。この 名
          前 は、ローカルのドメイン名に適合してもしなくてもかまい
          せん (domain-name オプションを使用してドメイン名を指 定
          する方が良いです)。文字集合の制約については RFC 1035 を
          参照してください。クライアントマシンのホスト名が設定 さ
          れ ていない場合 (すなわち rc.conf(5) で空文字列に設定さ
          れている場合)、 dhclient-script(8) のみが本オプションを
          尊重します。

       option boot-size uint16;

          本 オプションは、クライアント用のデフォルトのブートイメ
          ージの長さを、 512 オクテットブロック数で指定します。

       option merit-dump string;

          本オプションは、クライアントがクラッシュするときにク ラ
          イ アントのコアイメージがダンプされるファイルのパス名を
          指定します。パスの書式は、NVT ASCII 文字集合の文字か ら
          なる文字列です。

       option domain-name string;

          本 オプションは、ドメインネームシステムを使用してホスト
          名を解決するときにクライアントが使用すべきドメイン名 を
          指定します。

       option swap-server ip-address;

          本 オプションは、クライアントのスワップサーバの IP アド
          レスを指定します。

       option root-path string;

          本オプションは、クライアントのルートディスクが含まれ る
          パ ス名を指定します。パスの書式は、NVT ASCII 文字集合の
          文字からなる文字列です。

       option ip-forwarding flag;

       option policy-filter ip-address ip-address  [,  ip-address
       ip-address...  ];

          本 オプションは、非ローカルな送信元経路指定データグラム
          に対するポリシフィルタを指定します。フィルタは、IP アド
          レ スとマスクの組のリストからなり、到着する送信元経路指
          定データグラム用のフィルタとなる、宛先/マスクの組を指定
          します。

          次 ホップアドレスがフィルタのいずれにも適合しない送信元
          経路指定データグラムは、クライアントが破棄すべきです。

          更なる情報は STD 3 (RFC1122) を参照してください。

       option max-dgram-reassembly uint16;

          本オプションは、クライアントが再組み立て準備をすべ き、
          最 大データグラムサイズを指定します。最小の正当値は 576
          です。

       option default-ip-ttl uint8;

          本オプションは、クライアントが出力するデータグラムに 使
          用すべき、デフォルトの生存時間を指定します。

       option path-mtu-aging-timeout uint32;

          本 オプションは、 RFC 1191 で定義される機構で発見された
          パス MTU 値のエージングに使用するタイムアウト (秒単 位)
          を指定します。

       option path-mtu-plateau-table uint16 [, uint16...  ];

          本 オプションは、MTU サイズの表を指定します。この表は、
          RFC 1191 で定義される、パス MTU 発見 (Path MTU  Discov-
          ery) 実施時に使用します。表の書式は、最小から最大への順
          の、 16 ビット符号無し整数のリストです。最小 MTU は  68
          以上であることが必要です。

       option interface-mtu uint16;

          本 オプションは、このインタフェースに対して使用する MTU
          を指定します。 MTU に対する最小の正当値は 68 です。

       option all-subnets-local flag;

          本オプションは、クライアントが接続されている IP ネッ ト
          ワークの全サブネットが使用する MTU が、クライアントが直
          接接続されているサブネットの MTU と同じであると、クライ
          アントが仮定して良いかを指定します。値 1 は、全サブネッ
          トは同一の MTU であることを意味します。値 0 は、直接 接
          トマスク発見を実施すべきかを指定します。値 0 は、クライ
          アントはマスク発見を実施すべきでないことを意味しま す。
          値 1 は、クライアントはマスク発見を実施すべきであること
          を意味します。

       option mask-supplier flag;

          本オプションは、 ICMP を使用したサブネットマスク要求 に
          対 し て、 クライアントが応答すべきかを指定します。値 0
          は、クライアントが応答すべきでないことを意味します。 値
          1 は、クライアントが応答すべきであることを意味します。

       option router-discovery flag;

          本 オ プ ショ ン は、  RFC  1256 で定義されるルータ発見
          (Router Discovery) 機構を使用してルータを請求すべきかを
          指定します。値 0 は、クライアントはルータ発見を実施すべ
          きでないことを意味します。値 1 は、クライアントはルータ
          発見を実施すべきであることを意味します。

       option router-solicitation-address ip-address;

          本 オプションは、クライアントのルータ請求リクエスト送出
          先アドレスを指定します。

       option static-routes ip-address ip-address  [,  ip-address
       ip-address...  ];

          本 オプションは、クライアントが経路キャッシュに組み込む
          べき静的ルータのリストを指定します。同じ宛先に対して 複
          数 のルータを指定すると、優先度が低くなる順序でリストさ
          れます。

          経路は IP アドレスの組のリストからなります。最初のア ド
          レスは宛先アドレスであり、 2 番目のアドレスは宛先に対す
          るルータのアドレスです。

          デフォルト経路 (0.0.0.0) は、静的経路に対しては不正な宛
          先です。デフォルト経路を指定するには、 routers オプショ
          ンを使用してください。

       option trailer-encapsulation flag;

          本オプションは、 ARP プロトコル使用時に、クライアントが
          ト レイラ使用ネゴシエート (RFC 893 [14]) すべきかを指定
          します。値 0 は、クライアントがトレイラ使用を試みるべき
          でないと意味します。値 1 は、クライアントがトレイラ使用
          を試みるべきであると意味します。

       option arp-cache-timeout uint32;

          本オプションは、ARP キャッシュエントリのタイムアウト を
          本オプションは、クライアントが TCP セグメントを送出する
          ときに使用すべき、デフォルトの TTL を指定します。最小値
          は 1 です。

       option tcp-keepalive-interval uint32;

          本 オ プ ショ ンは、クライアントの TCP がキープアライブ
          (keepalive) メッセージを TCP 接続上に送信する前に待つべ
          き 間隔 (秒単位) を指定します。時間は 32 ビット符号無し
          整数で指定します。値 0 は、アプリケーションが明示的に要
          求 しなければ、クライアントが接続上にキープアライブメッ
          セージを生成すべきでないことを意味します。

       option tcp-keepalive-garbage flag;

          本オプションは、古い実装との互換性のために、ゴミのオ ク
          テットと一緒に、 TCP キープアライブメッセージをクライア
          ントが送るべきかを指定します。値 0 は、ゴミのオクテット
          を 送 るべきでないことを意味します。値 1 は、ゴミのオク
          テットを送るべきであることを意味します。

       option nis-domain string;

          本オプションは、クライアントの NIS (Sun Network  Infor-
          mation  Services)  ドメインを指定します。ドメインの書式
          は、NVT ASCII 文字集合の文字からなる文字列です。

       option nis-servers ip-address [, ip-address...  ];

          本オプションは、クライアントが利用可能な NIS サー バ の
          IP アドレスを指定します。サーバは、優先されるものから順
          にリストしてください。

       option ntp-servers ip-address [, ip-address...  ];

          本オプションは、クライアントが利用可能な NTP (RFC 1035)
          サ ーバの IP アドレスを指定します。サーバは、優先される
          ものから順にリストしてください。

       option netbios-name-servers  ip-address  [,  ip-address...
       ];

          NetBIOS   ネ ー ム サ ー バ  (NBNS)  オプションは、 RFC
          1001/1002 の NBNS ネームサーバのリストを、優先される も
          のから順に指定します。現在では、NetBIOS Name Service は
          WINS と呼ばれることの方 が 多 い で す。  netbios-name-
          servers   オプションを使用して、WINS サーバを指定可能で
          す。

       option netbios-dd-server ip-address [, ip-address...  ];

          NetBIOS データグラム配布サーバ (NBDD) オプ ショ ン は、

          2    P ノード: ピア - WINS のみ

          4    M ノード: ミックス - ブロードキャスト後に WINS

          8    H ノード: ハイブリッド - WINS 後にブロードキャスト

       option netbios-scope string;

          NetBIOS スコープオプションは、 RFC 1001/1002 に指定され
          るように、クライアントの NetBIOS オーバ TCP/IP スコープ
          パラメータを指定します。文字集合の 制 約 に つ い て は
          RFC1001, RFC1002, RFC1035 を参照してください。

       option font-servers ip-address [, ip-address...  ];

          本 オプションは、クライアントが利用可能な X Window Sys-
          tem フォントサーバを指定します。サーバは、優先される も
          のから順にリストしてください。

       option x-display-manager ip-address [, ip-address...  ];

          本 オプションは、クライアントが利用可能な X Window Sys-
          tem Display Manager を実行しているシステムのリストを 指
          定 します。アドレスは、優先されるものから順にリストして
          ください。

       option dhcp-client-identifier data-string;

          本オプションを使って、ホスト宣言中で DHCP クライアン ト
          識 別子を指定することができます。これは、クライアント識
          別子に対する照合を用いて、dhcpd がそのホストのレコー ド
          を発見できるようにするためのものです。
       option nisplus-domain string;

          本 オプションは、クライアントの NIS+ ドメインの名前を指
          定します。ドメインの書式は、NVT ASCII 文字集合の文字 か
          らなる文字列です。
       option nisplus-servers ip-address [, ip-address...  ];

          本 オプションは、クライアントが利用可能な NIS+ サーバを
          示す IP アドレスのリストを指定します。サーバは、優先 さ
          れるものから順にリストしてください。

       option tftp-server-name string;

          本 オプションは TFTP サーバを指定し、クライアントがサポ
          ートする場合には server-name 宣言と同じ効果を持ちます。
          BOOTP   ク ライアントは、本オプションをサポートしないで
          しょう。 DHCP クライアントによってはサポートしている も
          のがあり、実際必須としているものがあります。


       option smtp-server ip-address [, ip-address... ];

          SMTP  サーバオプションは、クライアントが利用可能な SMTP
          サーバのリストを指定します。サーバは、優先されるもの か
          ら順にリストしてください。

       option pop-server ip-address [, ip-address... ];

          POP3  サーバオプションは、クライアントが利用可能な POP3
          のリストを指定します。サーバは、優先されるものから順 に
          リストしてください。

       option nntp-server ip-address [, ip-address... ];

          NNTP  サーバオプションは、クライアントが利用可能な NNTP
          のリストを指定します。サーバは、優先されるものから順 に
          リストしてください。

       option www-server ip-address [, ip-address... ];

          WWW サーバオプションは、クライアントが利用可能な WWW の
          リストを指定します。サーバは、優先されるものから順に リ
          ストしてください。

       option finger-server ip-address [, ip-address... ];

          Finger   サ ー バオプションは、クライアントが利用可能な
          Finger のリストを指定します。サーバは、優先されるものか
          ら順にリストしてください。

       option irc-server ip-address [, ip-address... ];

          IRC サーバオプションは、クライアントが利用可能な IRC の
          リストを指定します。サーバは、優先されるものから順に リ
          ストしてください。

       option streettalk-server ip-address [, ip-address... ];

          StreetTalk サーバオプションは、クライアントが利用可能な
          StreetTalk のリストを指定します。サーバは、優先されるも
          のから順にリストしてください。

       option streetalk-directory-assistance-server ip-address [,
       ip-address... ];

          StreetTalk Directory Assistance (STDA) サーバオプション
          は、 ク ラ イアントが利用可能な STDA のリストを指定しま
          す。サーバは、優先されるものから順にリストして く だ さ
          い。


関連項目



ABELNET VPSサービス