bootparams(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

bootparams

前のページ 上に戻る 次のページ

bootparams




解説

     bootparams ファイルは、 diskless(8) クライアントがネットワーク越しにブー
     トする時に要求する、ブートパラメータを指定します。このサーバがサポートす
     る各クライアントは、 bootparams ファイル中に、 ``root'' のパス名と (オプ
     ションで) ``swap'' 領域のパス名を含むエントリを持つ必要があります。

     ファイル中の各行 ( `#' から初まるコメント行以外) は、クライアント名、それ
     に続いてクライアントの論理名にて要求するパス名から成ります。行内部の要素
     は空白もしくはタブで区切られ、バックスラッシュを使用すれば複数行を続けて
     使用することができます。

     例を以下に示します:

           dummy   root=host:/export/dummy/root \
                   swap=host:/export/dummy/swap \
                   dump=host:/export/dummy/swap

     名前が ``dummy'' のクライアントが、自らの論理 ``root'' のパス名を要求した
     時、この RPC リクエストに対してパス名 ``host:/export/dummy/root'' が返答
     として与えられます。 ``host:'' 部分は必ず指定する必要があります。


関連ファイル

     /etc/bootparams  デフォルトの構成ファイル


関連項目

     bootparamd(8), diskless(8)

FreeBSD 4.4                     October 2, 1994                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス