aliases(5) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

aliases

前のページ 上に戻る 次のページ

aliases



書式

       aliases


解説

       このファイルには、 sendmail が使用する、ユーザ ID の別名を
       記述します。このファイルは /etc/mail に置かれる、下記の 形
       式の一連の行です。

              name: addr_1, addr_2, addr_3, . . .

       name  はエイリアスする名前、 addr_n はその名前の別名です。
       addr_n は、別の別名、ローカルユーザ名、ローカル ファ イ ル
       名、コマンド、インクルードファイル、外部アドレスのいずれか
       です。

       B>ロB>ーB>カB>ルB>ユB>ーB>ザB>名
              username

              username はB>Agetpwnam(3) で使用可能であることが必要
              です。

       B>ロB>ーB>カB>ルB>フB>ァB>イB>ルB>名
              /path/name

              フルパス名 (スラッシュ (/) で開始) で指定されたファ
              イルに、メッセージが追加されます。

       B>コB>マB>ンB>ド
              |command

              コマンドはパイプシンボル (|) で開始し、メッセージを
              標準入力から受け取ります。

       B>イB>ンB>クB>ルB>ーB>ドB>フB>ァB>イB>ル
              :include: /path/name

              パ ス名にあるエイリアスが、 name のエイリアスに追加
              されます。

       E-Mail B>アB>ドB>レB>ス
              user@domain

              RFC 822 書式の e-mail アドレス。

       空白ではじまる行は継続行です。行を続ける別の方法として、改
       行 の前にバックスラッシュを置く方法があります。 # ではじま
       る行はコメントです。

       エイリアスはローカル名でのみ適用されます。ループは起りえま
       せん。なぜなら、メッセージは同じ人に複数回送られないからで
       す。


       SENDMAIL An Internetwork Mail Router


バグ

       sendmail を NEWDB サポート付きではなく DBM サポート付き で
       コ ンパイルした時には、エイリアス 1 つがおよそ 1000 バイト
       までの情報に限るという dbm(3) の制約が問題となるかもしれま
       せ ん。このような場合に長いエイリアスを使用するためには ``
       連鎖'' を使用します; これは別名の最後の名前をダミーの名 前
       にし、これを引続き別の別名として使用するというものです。


歴史

       aliases ファイルフォーマットは 4.0BSD に登場しました。



                   1Date: 2000/12/14 23:08:15 1        ALIASES(5)

ABELNET VPSサービス