umask(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

umask

前のページ 上に戻る 次のページ

umask




書式

     #include <sys/stat.h>

     mode_t
     umask(mode_t numask);


解説

     umask() ルーチンは、プロセスのファイルモード生成マスクを numask に設定
     し、設定前のマスク値を返します。 numask のアクセス権の下位 9 ビットは、
     open(2), mkdir(2), mkfifo(2) などのシステムコールが使用し、ファイルモード
     で要求される対応するビットをオフにします ( chmod(2) を参照) 。ビットをク
     リアにすることで、各ユーザはそのファイルへのデフォルトアクセスを制限する
     ことができます。

     デフォルトのマスク値は、S_IWGRP | S_IWOTH (022、所有者のみの書込みアクセ
     ス) です。子プロセスは、呼び出しプロセスのマスクを継承します。


戻り値

     呼び出しによって、以前のファイルモードマスクの値が返されます。


エラー

     umask() は、常に成功します。


関連項目

     chmod(2), mknod(2), open(2)


規格

     umask() 関数呼び出しは、 ISO/IEC 9945-1:1990 (``POSIX.1'') に準拠していま
     す。


歴史

     umask() 関数呼び出しは、 Version 7 AT&T UNIX で登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス