syscall(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

syscall

前のページ 上に戻る 次のページ

syscall




書式

     #include <sys/syscall.h>
     #include <unistd.h>

     int
     syscall(int number, ...);

     off_t
     __syscall(quad_t number, ...);


解説

     syscall() は、指定した number を持つアセンブリ言語インタフェースのシステ
     ムコールを、指定した引数で実行します。システムコールのシンボリック定数
     は、ヘッダファイル <sys/syscall.h> にあります。 __syscall() は、 1 つ以上
     のパラメータが 64 ビット引数で、引数のアラインメントが正しいことを保証す
     る場合に使用してください。このシステムコールは、 C ライブラリにエントリが
     ない、新しいシステムコールをテストする場合に有用です。


戻り値

     戻り値は、呼び出すシステムコールで定義されています。一般的に 0 は正常に完
     了したことを示します。 -1 はエラーを表わし、エラーコードが errno に設定さ
     れます。


バグ

     pipe(2) のように、複数の戻り値があるシステムコールをシミュレートする方法
     はありません。


歴史

     syscall() 関数呼び出しは、 4.0BSD で登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 16, 1993                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス