sysarch(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sysarch

前のページ 上に戻る 次のページ

sysarch




書式

     #include <machine/sysarch.h>

     int
     sysarch(int number, void *args);


解説

     sysarch() は、 args ポインタが指定する引数で、 number が指定するアーキテ
     クチャ依存型関数を実行します。 args は、関数の実引数を定義する構造体のポ
     インタです。アーキテクチャ依存型関数のシンボリック定数と引数の構造体は、
     ヘッダファイル <machine/sysarch.h> にあります。

     ユーザプログラムでは、 sysarch() システムコールを直接呼び出さず、アーキテ
     クチャ依存型ライブラリを使用して関数にアクセスしてください。


戻り値

     戻り値については、それぞれのアーキテクチャ依存型関数呼び出しのマニュアル
     ページを参照してください。


関連項目

     i386_get_ioperm(2), i386_get_ldt(2), i386_vm86(2)


歴史

     このマニュアルページは、 NetBSD から取得されました。

FreeBSD 4.4                    October 11, 1993                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス