sync(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sync

前のページ 上に戻る 次のページ

sync




書式

     #include <unistd.h>

     void
     sync(void);


解説

     sync() 関数は、ブロックバッファキャッシュの修正済みバッファをディスクに強
     制的に書き出します。カーネルはこの情報をメモリ上に維持し、システムが要求
     するディスク I/O 転送の数を減らします。システムのクラッシュ後にキャッシュ
     の情報が失われると、ユーザプロセス syncer(4)sync() を頻繁に呼び出しま
     す (約 30 秒ごと)。

     それぞれのファイル記述子属性の同期を取るには、関数 fsync(2) を使用しま
     す。


関連項目

     fsync(2), syncer(4), sync(8)


バグ

     sync() は、バッファが完全にフラッシュされる前に戻ることがあります。


歴史

     sync() 関数呼び出しは、 Version 6 AT&T UNIX で登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス