swapon(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

swapon

前のページ 上に戻る 次のページ

swapon




書式

     #include <unistd.h>

     int
     swapon(const char *special);


解説

     swapon() は、システムがページングとスワッピングの割当てにブロックデバイス
     special を使用できるようにします。潜在的に使用できるデバイスの名前はシス
     テムに知られていて、システム設定時に定義されます。 special のスワップ領域
     のサイズは、デバイスがスワッピングに初めて使用できるようになるときに算出
     されます。


戻り値

     エラーが発生した場合は -1 が返され、エラーを示すために errno が設定されま
     す。


エラー

     swapon() は、以下のような場合に処理を失敗します。

     [ENOTDIR]          パスの構成要素中にディレクトリ以外のものが含まれていま
                        す。

     [ENAMETOOLONG]     パス名の構成要素が 255 文字を越えているか、またはパス
                        名全体が 1023 文字を越えています。

     [ENOENT]           指定したデバイスが存在しません。

     [EACCES]           指定されたパスには、検索が許可されていないディレクトリ
                        が含まれています。

     [ELOOP]            パス名を変換するときに検出されたシンボリックリンクが多
                        すぎます。

     [EPERM]            スーパユーザ以外のユーザによって呼び出されました。

     [ENOTBLK]          special はブロックデバイスではありません。

     [EBUSY]            special で指定したデバイスは、すでにスワッピングに使用
                        できるようになっています。

     [EINVAL]           special で設定したデバイスが、システムにスワップデバイ
                        スとして設定されていません。

     [ENXIO]            special のメジャーデバイス番号が範囲外になっています (
                        これは関連するハードウェアに対応するデバイスドライバが
                        存在しないことを表します)。

     [EIO]              スワップデバイスをオープンする間に入出力エラーが発生し
                        ました。


FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス