sigpending(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sigpending

前のページ 上に戻る 次のページ

sigpending




書式

     #include <signal.h>

     int
     sigpending(sigset_t *set);


解説

     sigpending() 関数は、 set で示された場所の呼び出しプロセスの配信が保留に
     なっているシグナルのマスクを戻します。シグナルは、現在マスクをかけられて
     いるとき、または配信前に一時的に保留になります (通常、後者を検出すること
     はできません)。


戻り値

     関数 sigpending() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうでない場合、値
     -1 が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     sigpending() 関数は、失敗した場合に次のエラーを返します。

     [EFAULT]           引数 set が示すアドレスが無効です。


関連項目

     sigaction(2), sigprocmask(2)


規格

     sigpending() 関数呼び出しは、 ISO/IEC 9945-1:1990 (``POSIX.1'') に準拠し
     ています。

FreeBSD 4.4                    January 12, 1994                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス