sigpause(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

sigpause

前のページ 上に戻る 次のページ

sigpause




書式

     #include <signal.h>

     int
     sigpause(int sigmask);


解説

     B>こB>のB>イB>ンB>タB>フB>ェB>ーB>スB>は sigsuspend(2) B>にB>よB>っB>てB>旧B>式B>のB>もB>のB>とB>なB>っB>てB>いB>まB>すB>。

     sigpause() は、マスクされたシグナルのセットに sigmask を割り当ててからシ
     グナルの到着を待機します。戻ると、マスクされたシグナルのセットが復元され
     ます。通常、 sigmask の 0 はブロックされるシグナルがないことを表わしま
     す。 sigpause() は、常に割り込まれることで終了し、 errno を EINTR に設定
     して -1 を戻します。


関連項目

     kill(2), sigaction(2), sigblock(2), sigprocmask(2), sigsuspend(2),
     sigvec(2)


歴史

     sigpause() 関数呼び出しは、 4.2BSD で登場しました。しかし、現在ではこの関
     数を使用することは推奨されていません。

FreeBSD 4.4                      June 2, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス