shutdown(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

shutdown

前のページ 上に戻る 次のページ

shutdown




書式

     #include <sys/types.h>
     #include <sys/socket.h>

     int
     shutdown(int s, int how);


解説

     shutdown() を呼び出すと、ファイル記述子 s に関連するソケットの全二重接続
     の全部か一部がシャットダウンされます。引数 how でシャットダウンのタイプを
     指定します。可能な値は以下の通りです:

     SHUT_RD    これ以降の受信ができなくなります。

     SHUT_WR    これ以降の送信ができなくなります。

     SHUT_RDWR  これ以降の送受信ができなくなります。


戻り値

     関数 shutdown() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうでない場合、値
     -1 が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     次の場合、呼び出しはエラーになります。

     [EBADF]            引数 s が有効な記述子ではありません。

     [EINVAL]           引数 how が有効な値ではありません。

     [ENOTCONN]         ソケットは接続されていません。

     [ENOTSOCK]         引数 s はソケットを参照していません。


関連項目

     connect(2), socket(2)


規格

     shutdown() 関数は、完成時には IEEE Std 1003.1g-2000 (``POSIX.1'') に準拠
     します。


歴史

     shutdown() 関数呼び出しは、 4.2BSD で追加されました。定数 SHUT_RD,
     SHUT_WR, SHUT_RDWR は、 IEEE Std 1003.1g-2000 (``POSIX.1'') に追加されま
     した。

FreeBSD 4.4                    February 27, 2001                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス