setsid(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

setsid

前のページ 上に戻る 次のページ

setsid




書式

     #include <unistd.h>

     pid_t
     setsid(void);


解説

     setsid() 関数は新しいセッションを作成します。呼び出しセッションは新しい
     セッションのセッションリーダであり、新しいプロセスグループのプロセスグル
     ープリーダで、制御端末はありません。呼び出しプロセスは、セッションまたは
     プロセスグループのどちらかにある唯一のプロセスです。


戻り値

     正常に完了すると、 setsid() 関数は、新しいプロセスグループのプロセスグル
     ープ ID の値を返します。これは呼び出しプロセスのプロセス ID と同じです。
     エラーが起きると、 setsid() は -1 を返し、エラーを示すためにグローバル変
     数 errno を設定します。


エラー

     setsid() 関数は次の場合に処理を失敗します。

     [EPERM]            呼び出しプロセスが既にプロセスグループリーダであるか、
                        または呼び出しプロセス以外のプロセスのプロセスグループ
                        ID が呼び出しプロセスのプロセス ID と一致します。


関連項目

     setpgid(2), tcgetpgrp(3), tcsetpgrp(3)


規格

     setsid() 関数は ISO/IEC 9945-1:1990 (``POSIX.1'') 仕様に準拠しています。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス