setpgrp(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

setpgrp

前のページ 上に戻る 次のページ

setpgrp




書式

     #include <unistd.h>

     int
     setpgid(pid_t pid, pid_t pgrp);

     int
     setpgrp(pid_t pid, pid_t pgrp);


解説

     setpgid() は、指定されたプロセス pid のプロセスグループを指定された pgrp
     に設定します。 pid が 0 の場合、呼び出しは現在のプロセスに適用されます。

     呼び出し側がスーパユーザでない場合、影響を受けるプロセスは、呼び出し側と
     同じ実効ユーザ ID を持っているか、または呼び出し側プロセスの子孫である必
     要があります。


戻り値

     関数 setpgid() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうでない場合、値 -1
     が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     setpgid() は、次の場合に処理を失敗し、プロセスグループは変更されません。

     [ESRCH]            要求されたプロセスが存在しません。

     [EPERM]            要求されたプロセスの実効ユーザ ID は呼び出し側の実効ユ
                        ーザ ID と異なっており、プロセスは呼び出し側プロセスの
                        子孫ではありません。


関連項目

     getpgrp(2)


規格

     setpgid() 関数呼び出しは ISO/IEC 9945-1:1990 (``POSIX.1'') に準拠します。


互換性

     setpgrp() は、 setpgid() と同一であり、 BSD の旧バージョンとの呼び出し規
     約互換のために保持されています。

FreeBSD 4.4                      June 4, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス