setgroups(2) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

setgroups

前のページ 上に戻る 次のページ

setgroups




書式

     #include <sys/param.h>
     #include <unistd.h>

     int
     setgroups(int ngroups, const gid_t *gidset);


解説

     setgroups() は、配列 gidset に従って、現在のユーザプロセスのグループアク
     セスリストを設定します。パラメータ ngroups は、配列内のエントリの数を示
     し、 <sys/param.h> 内に定義されている値 NGROUPS を超えてはいけません。

     スーパユーザだけが新しいグループを設定できます。


戻り値

     関数 setgroups() は、処理が成功すると値 0 を返します。そうでない場合、値
     -1 が返され、グローバル変数 errno が設定されてエラーを示します。


エラー

     setgroups() 呼び出しは次の場合に処理に失敗します。

     [EPERM]            スーパユーザ以外のユーザによって呼び出されました。

     [EFAULT]           gidset に指定されたアドレスは、プロセスに割り当てられ
                        たアドレス空間の範囲外を指しています。


関連項目

     getgroups(2), initgroups(3)


歴史

     setgroups() 関数呼び出しは 4.2BSD で登場しました。

FreeBSD 4.4                     April 16, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス